癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌などの病気になる本当の原因は

体の不調を「歳のせい」と片づけないて

医療技術は進歩しているはずなのに、病気で亡くなる方の数は年々増加しつづけています。心臓疾患、脳血管疾患…さまざまな恐ろしい病気を根本的には解決できていないのが医療の現状です。自分の体は自分で守る・・・そんな意識が必要なのかもしれません。 

病気になるのは歳のせい? 

若い頃にくらべて体が衰えた気がする…そう感じることはありませんか?

年齢を重ねると体全体の機能が低下して病気のリスクが高まり、不調を招きやすくなると言われています,

しかし、歳をとっだからと言って、不調をそのまま受け入れる必要はありません。病気の本当の原因を知り対策を施せば、予防することは十分可能なのです。j

さまざまな病気をひきおこす大きな原因のひとつに、「血管のつまり」があります。

加齢とともに代謝機能が低下すると、老廃物がたまって血皆はつまりやすくなります。つまりが限界まできたそのとき、脳梗塞心筋梗塞に…。さらに、ドロド目」汚れた血液が全身を駆け巡って各臓器に大きな悪影響をおよぼし、さまざまな病気になって現れます。

f:id:kyotomura4592:20161029173236j:plain

こうした病気に対して、いくら対症療法を施したところで根本的な解決にはなりません。もとはと言えば「血管のつまり」が原因ですから、たとえば頭が痛いからと言って頭痛薬を飲んでも、その場しのぎでしかないのです。

大切なのは「血管の大そうじ」でドロドロに汚れた血液をキレイにすることです。

http://ckkm.main.jp/