読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

あなた薬は大丈夫?

薬は多くの人類の生命を救ってきたとはいえ、微量でも化学物質です。

薬を服用することにより腸内フローうが悪くなり、予期せぬ症状や新たな病気を誘発することもあるのです。


あなたの常用薬は大丈夫?

「薬漬け医療」の問題がよく新聞や雑誌で話題になります。背景にほ、国民皆保険制度のもとで病院を気軽に利片し、安く薬を処万してもらえることがあり手す。

その結果、医療費の高騰は止まるところを知らず、国の財政を圧迫しています。
そしてまた薬は、ウリドマイド薬害、薬害肝炎、薬害エイズなどさまざまな薬害問題も引き起こしています。
さらに薬には処方薬、市販薬に限らず副作用や悪影響が起こる可能性があります。
例えば、降圧剤。健康な人でもUP齢とともに血管が硬くなるため血流が悪くなり、血圧が上がります。

健康な人の場合、降圧剤を使用し抑圧を下げすぎると、脳に血液が行きにくくなり認知症のリスクが高まるとも言われています。血圧は低ければよいというものではなく、その人に合った加圧であればよいのです。
また、抗生物質抗生物質は細菌が原因の感染症に効果はありますが、さまざま副作用があります。

そのひとつが健康継持に必要不可欠な善玉菌を殺してしまい腸内フローうを悪くするということです。

さらに不必要に抗生物質を摂りつづけることにより、抗生物質が効かなくなり、本当に抗生物質が必要な時に効果が出なくなってしまうのです。
薬は必要な時もありますが、食生活の改善や運動などで、薬を飲まなくてよい身体づくりをすることが先決です。自分のいつもの薬が本当に必要か今一度考えたいものです。