読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

癌になる原因に、コラーゲンの老化と減少が・・・

 コラーゲンが減少し老化しするにつれて、代謝が悪くなって、癌の発症が高って行きます。

人には約60兆個の細胞があり、コラーゲンによって守られていて、コラーゲンが老化すれば、細胞も老化します。  毛細血管に細かい穴が開いていて、そこからコラーゲン層に染み出して、コラーゲンを通り道として、細胞まで栄養や酸素を届けています。

  通り道てあるコラーゲンが古く硬く老化していくと、流れが悪くなりま。                   老廃物は、コラーゲンを通り道として、排泄されます。このようにコラーゲンの最大の働きはの一つが「流れ」つまり「代謝」を高めることで、代謝が高まることが若さで、反対に代謝が悪くなることが老化です。

コラーゲンり減少し始める年齢は、個人差はあるが平均として20~25歳から始まり、40歳を過ぎますと、急激に減少します。

 

高分子コラーゲンを積極的に摂取すればけ、癌の再発や転移を抑える事が明らかになっています。

http://ckkm.main.jp/

f:id:kyotomura4592:20161017083533j:plain

 

f:id:kyotomura4592:20161017064219j:plain

 

乳がん発症年齢

f:id:kyotomura4592:20161017060558j:plain