癌克服・癌医療情報

がん医療情報

癌細胞を攻撃するマクロファージ

コラーゲンを与えたマクロファージは、通常の100倍ものスピードで、癌細胞やウイルス、細菌などを攻撃

マウスを使った癌の研究で、通常のマウスに癌細胞を移植しますとわずか2週間で全滅しました。
癌を植え付ける前に、コラーゲンを与えたマウスは、83%が生存し、再び癌細胞を植え付けても発症しないことが分りました。癌の発症や再発、転移を予防に、 活躍してくれます。

栄養は、カラダ中の血管を通して、60兆個の細胞に運ばれますが、直接細胞に届くのでなく、コラーゲンを通して運ばれます。つまり、コラーゲンは栄養の「通り道」になり、コラーゲンが古くなると、細胞に栄養がスムーズ届かなくなり、老廃物が滞るために、老化が早くなり、がんなどの病気の原因にもなります。コラーゲンをしっかり摂取しますと、身体の流れがよくなり、カラダのいろんな所が目覚めてきます

http://ckkm.main.jp/