読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

血糖値スパイク

食事を食べたすぐ後の短時間にだけ、人知れず血糖値が急上昇し、やがてまた正常値に戻る。それが、「血糖値スパイク」。

食後時間がたった状態で行われる通常の健康診断では、見つからないことも多い。ところが最新調査で、なんと1400万人以上の日本人に「血糖値スパイク」が生じている可能性が明らかになってきた!

この「血糖値スパイク」、知らずに放置すると、体内の重要な血管が傷つけられ、脳梗塞心筋梗塞などによる突然死のリスクが高まることが、最新研究で突き止められた。それだけではない。がんを引き起こしたり、脳にまでダメージを与えて認知症をも招いたりもするというのだ。まさに“万病の種”!

「血糖値が高いなんて、肥満が気になる中高年の話でしょ?」と思ったら、大間違い。「血糖値スパイク」は、スリムな若い女性たちでも起きていることがわかってきている。

でも、大丈夫!

ちょっとした食事や生活の工夫で「血糖値スパイク」の発生を抑えられる。

コラーゲンの最大の働きを借りて「流れ」つまり「代謝」を高めれば、「血糖値スパイク」の発症を抑えることができます。

コラーゲンは、健康の基盤です。

f:id:kyotomura4592:20161009063526j:plain

人には約60兆個の細胞があり、コラーゲンによって守られていて、コラーゲンが老化すれば、細胞も老化します。  毛細血管に細かい穴が開いていて、そこからコラーゲン層に染み出して、コラーゲンを通り道として、細胞まで栄養や酸素を届けています。

通り道であるコラーゲンが古く硬く老化していくと、流れが悪くなりますと膝・関節痛だけでなく、癌・脳梗塞心筋梗塞・痴呆症などにもなります

 老廃物は、コラーゲンを通り道として、排泄されます。このようにコラーゲンの最大の働きはの一つが「流れ」つまり「代謝」を高めることで、代謝が高まることが若さで、反対に代謝が悪くなることが老化です。

いち早く自分の体に潜む危険を知って、“万病の種”を撃退しよう!

http://ckkm.main.jp/