読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

ガンとFK-23濃縮乳酸菌

f:id:kyotomura4592:20160816062347j:plain

1個のガン細胞が10年の年月を経て初めて早期発見といわれる1㎝ほどの大きさになります。そこに行きつくまでにガン細胞を攻撃し死滅させてくれる私たちの味方がいます。
私たちの体の中をパトロールしている「白血球」といわれるものです。
この「白血球」が元気だとガン細胞を退治してくれることができますが、加齢、ストレス、生活習慣の乱れなどによって、「白血球」の元気がなくなります。

 「白血球」の「力」のことを「免疫力」といいます。この「免疫力」を高めるのが、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌です。
この乳酸菌は、健康な乳児の腸から発見された乳酸球菌で、整腸作用だけでなく白血球の力を高め数を増やします。

一般に乳酸菌は「免疫力」を高めることが知られていますが、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌は、他の乳酸菌と比較しても「免疫力」を高める力が強いことがわかっています。