読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

癌を治すには、食生活を変えることが大切です

全ての病気は、血液の汚れから
癌に限らず、全ての病気は血液の汚れが原因であると、様々な病気の原因物質も血液の中に存在する
ということになります。
血液の役割を考えれば、血液の汚れは病気や老化の原因になるという事は明白です。
さて、癌の病巣を手術で取り除いたとしても、再発や転移に怯えるのは何故だと思いますか?
手術をしても、「癌を元から取り除いた事にはならないから」ではないでしょうか。
 全ての病気は血液の汚れが原因であると考えると、癌の原因物質も血液の中に存在するということになります。
たとえ、癌の病巣を手術で取り除いたとしても、血液の中の癌の原因物質を取り除くことはできません。癌になった原因を内蔵している血液は体中を巡っているのですから、再発や転移があって当たり前という事になります。
勿論、癌を増殖させた体質も概ねそのままの状態であると言えます。
薬で生命エネルギーが高く、力の有る血液にする事が出来るでしょうか? 答えは「NO」です。
生命エネルギーが高く、力の有る血液にする事が出来るのは、人間の作ったものではなく、生きとし生けるものを育んでくれている地球が、自然が与えてくれるものなのです。
レトルト食品やインスタント食品等ではなく、できるだけ手作りのバランスの取れた食事をする事が大切です。

•心臓が一日に送り出す血液の量は約8トン。
•血管をつなげると約10万km。地球を約2周半の長さ。
•約50秒で血液は全身を一周する。
(秒速 約2000Km 分速 約120000Km 時速 約7200000Km)
•一番太い大動脈の直径は3~4㎝
•毛細血管の直径はわずか5~10μm
•人間の体の細胞の数は約60兆個