癌を治す食生活

全ての病気は、血液の汚れからで、癌に限らず、全ての病気は血液の汚れが原因であると、様々な病気の原因物質も血液の中に存在するということになります。

 

血液の役割を考えれば、血液の汚れは病気や老化の原因になるという事は明白で、癌の病巣を手術で取り除いたとしても、再発や転移すれば、癌を元から取り除いた事にはならないからのではないでしょうか。

たとえ、癌の病巣を手術で取り除いたとしても、血液の中の癌の原因物質を取り除くことはできません。癌になった原因を内蔵している血液は体中を巡っているのですから、再発や転移があって当たり前という事になります。

 

薬で生命エネルギーを高めて、力の有る血液にする事が出来るでしょうか?

答えは「NO」です。

生命エネルギーが高く、力の有る血液にする事が出来るものは、人間の作ったものではなく、自然が与えてくれるものです。

レトルト食品やインスタント食品等ではなく、できるだけ手作りのバランスの取れた食事をする事が大切です。

 

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、腸管をきれいにしながら免疫細胞に働きかけ、癌などの病気をつくらない体にしてくれます。

    https://www.kyoto-kenkou-mura.com/