生存率が低い自覚症状がない膵臓がんとは

膵臓がんの症状について
膵臓がんは自覚症状がないため早期発見が難しく、主要がんの中でも生存率が最低という危険ながんです。
膵臓がんの症状としては、「胃のあたりや背中が重苦しい」、「食欲不振やだるさ」、「体重減少」などといったものがみられますが、どれも膵臓がん特有の症状とはいえず、「胃腸の調子が良くない」程度で見逃してしまいがちです。
また、膵臓がんが糖尿病を併発することもあります。

膵臓がんの末期の症状は?
膵臓がんはかなり進行しないと症状が現れにくく、体重減少により受診される方が多くみられ、腹部の膨満感がある場合もあります。
また、膵臓がんは遠隔転移しやすいがんで、体の痛みや黄疸といった症状がでてくるころには、がんがかなり広がっている状態になります。「おかしいな?」と思ったときにはかなり進行しているなんて本当に怖いです。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、腸管をきれいにしながら免疫細胞に働きかけ、癌などの病気をつくらない体にしてくれます。

    https://www.kyoto-kenkou-mura.com/