読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

自然療法が最も効果的

1988年の NCI レポート『ガンの病因学』で15万人の抗がん剤治療を受けた患者を調べた結果、「抗がん剤は、癌を何倍にも増やす “増癌剤” である」と断定しています。
アメリカではこのような「抗がん剤の実態」に関する研究発表が、1980年代から正式にキチンと発表されてきています。
 1985年には、アメリカ国立ガン研究所の所長「デヴィダ」氏が、『抗がん剤による化学療法は無力である。反抗癌遺伝子が癌細胞を悪性化させる』と報告。
 1988年、アメリカ国立ガン研究所は「癌の病因学」というレポートを発表し、  抗がん剤は強力な発癌物質で、新たな癌を発生させる』という事実を発表。
 1990年、アメリカ議会ガン問題調査委員会 OTA レポートでは、  『自然療法のほうが、通常の抗癌剤放射線療法、手術よりも治療効果が高い』と報告されています。