読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

アメリカの癌食事療法

アメリカでは、1990年代前半を境に、ガンによる死亡率は減少し続けています。

なぜ、米国ではガンが減少し始めたのでしょうか。 そのきっかけは、1つのレポートでした。
 このレポートは「マクガパン・レポート」というもので、1969年に発表され、1977年にはさらに詳しくなりました。
 5000ページに及ぶこのレポートでは、「ガンや心臓病など種々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活が生み出した『食原病』であり、薬では治らない」と断じ、「私たちはこの事実を率直に認め、ただちに食生活を改善する必要がある」と述べています。
さらに、その具体策として、「肉を中心とした高エネルギー・高脂肪の動物性食品を減らし、できるだけ未精製の穀物、野菜、果物を多くとる」ことを提言しています。
 それを受けて、1979年、米国食品医薬品局(FDA)は「ヘルシーピープル」という健康政策を打ち出しました。
これは、健康・医療・食事に関するさまざまな数値目標を設定し、10年単位で達成していこうというものです。
1990年には、米国ガン研究所が、「デザイナーフーズ・プロジェクト」として、ガン予防に有効な植物性食品(野菜、果物、穀類、香辛料など)に関する研究を行い、それらの摂取を呼びかける発表を行いました。

 その中では、ガン抑制効果の最も高い食品として、ニンニク、キャベツ、大豆、ショウガ、ニンジン、タマネギ、お茶、柑橘類などが挙げられています。

 このような取り組みから、「がん治療」=「食事が大事だ」という意識が生まれ、ガンの死亡率が減少に向かったと言われています。