抗がん剤治療の判断

抗がん剤による治療を拒む、そうした決断をするがん方も少なくない。抗がん剤治療は、がんの転移などによって手術による病巣の除去が難しい場合や、手術の前に少しでも病巣を小さくしておく目的で行われるのが一般的です。

抗がん剤は、がん以外の正常な細胞にも作用してしまうため、激しい副作用を伴うことが多く、ひどい吐き気や全身のだるさに襲われる、食事が喉も通らない、髪の毛が抜けることもあります。

個人差はありますが、日常生活が困難なほど過酷な治療で、抗がん剤治療に対しては「クオリティ・オブ・ライフを低くする」と指摘する声も少なくない。

 

近年の研究で、抗ガン剤による副作用を軽減する目的で、乳酸菌を用いると、疼痛の軽減、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになっています。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、腸管をきれいにしながら免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれます。

      

 

プロテサンを飲用しますと、善玉菌が増やし、腸内バランスを整えて、白血球を活性化したり、ビタミンなと身体に必要な成分を作り出してくれます。 

基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるプロテサンFK-23菌は