癌克服・癌医療情報

がん医療情報

腸内環境と腸内細菌の改善

癌が進行すると周囲の炎症から活性酸素が発生し、免疫細胞が酸化されて弱くなり、
癌を改善するためには、免疫機能を改善して強化することが重要です。

 

腸は体内で「最大の免疫器官」です。
免疫細胞の多くが腸に集まっており、人体の「免疫システム全体」の70%が腸に集  中してい  ます。残りの30%は休眠中です。
免疫機能を根本的に向上させるためには、腸内環境を浄化して善玉菌を増やして、腸内を綺麗に清浄 にして、腸内細菌を正しく育成する必要があるのです。それがためには、やはり食事が重要です。

 

         https://www.kyoto-kenkou-mura.com/