100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

癌などの生活習慣病の90%は活性酸素が原因

活性酸素に関しては今から50年以上前に米国の生化学者フリードビッヒ博士によって解明され、その後世界各国で研究が行われてきました。 その結果、人が罹るあらゆる病気に活性酸素が関与していることが明白になりました。 今や病気の90%は活性酸素が原因だ…

ビタミンD摂取で花粉症が改善

花粉症には、いろいろな対症療法がありますが、ビタミンDは花粉アレルギーを根本から改善してくれ、どんな対症療法にも勝るのです。 なぜならビタミンDは、免疫調整ホルモンだからです。 こんな体験されたことありませんか 海に行けばアトピーも鼻づまりもな…

ニンニク健康パワー

古代エジプト人は、にんにくのもつ強壮作用や殺菌・抗菌作用を、ピラミッド建設の労働者の健康スタミナ維持やコレラやペスト、チフスなど疫病対策に利用しました。 今の季節に美味しいかつお等、お刺身を食べる時ににんにくをすりつぶしてほんの少ししょうゆ…

老化の原因は、体の酸化

老化の原因は体の「酸化」で、肩こりや慢性疲労、肌荒れ、高血圧など、様々な症状が現れ始めます。 体の老化はどうしたら防げるのか? 体が酸化すると、肩こりや慢性疲労、肌荒れ、高血圧などの老化現象が次々に発生。若々しさをうまく保てないと考えられて…

老化防止の救世主グアバのすごい効力

グアバは、熱帯アメリカが原産とされ、紀元前から先住民のあいだで食用として親しまれてきた植物です。 グアバは、生で果実を食べるほかにも、ジュース、ジャム、ゼリー、菓子などに加工したり、グアバ茶のように葉をお茶にしたりできます。 グアバの効力は…

花粉症を治すには、免疫システメから

花粉症は、花粉が増えたことよりも、体がキレイになり過ぎたことと、体内にクスリや添加物などの化学物質が蓄積していることです。 花粉症は、免疫の誤作動によって起きる病気で、日本国民の30%以上の方が、アレルギー性疾患を抱えています。 子供も例外…

動脈硬化を起こした血管を修復するケイ素

ケイ素は、血管を作る材料になり、血管の内膜にある内皮細胞を活性化し、 新しい血管を再生し、過剰な血糖(糖毒)で傷ついた血管を修復する。 血管は、全身の細胞に栄養等必要なものを運ぶ道、生命維持に欠かせないもので、全身に張り巡らされた血管網は、…

癌の殺し屋マクロファージが通常より100倍速いコラーゲン

コラーゲンと免疫とは、深い関わりが在り、体内に侵入したウイルスや細菌なとを撃退してくれるマクロファージは、コラーゲンとの相性が良く、マクロファージが通常より100倍近いスピードにUPします。 マウスに、さまざまな種類のコラーゲンを与え、癌細…

お腹のポッコリダイエット健康法

1 日12〜16時間ものを食べない時間(空腹の時間)を、1週間に数回設ける食事法は、体に多くのプラス効果をもたらします。 内臓を休める時間を確保できるので、内臓の消化・吸収・解毒・排泄機能が高まり、腸内環境も改善して免疫力も高まります。 従来…

悪玉コレステロールは悪者ではない

コレステロールは低ければいいというものではなく、悪玉コレステロールだって一定量は必要なんです。 悪者にされているコレステロールですが、実際には健康な体づくりと生命維持には欠かせない、とても大事な成分なのです。 人間の体は60兆個もの細胞から…

肥満な方が好きな肝臓がん

肥満の人が肝臓癌になりやすいのは、腸内菌に原因があるからです。 腸内細菌は、2万種1000兆個も腸内に生息し、腸内細菌の中で最も多いに属する「フィルミクテス門」細菌群、「バクテロイデス門」「プロテォバクテリア門」「アクチノバクテリア門」の4…

ヨーグルとプロテサンの違い

最近の研究結果では、フローラで「悪玉菌」の割合が多くなると “健康” や “美容”、さらには “自分のニオイ” にまで影響を及ぼすことが明らかになっています。 そこで大事になってくるのが、「善玉菌」を増やすことになりますか、しかし、多くの人が間違った…

抗がん剤の止め時は

抗がん剤は、さまざまな新薬が開発され、がんに対する薬物治療成績は向上していますが、実際のところ、使ってみなければ効果があるかどうかはわかりません。 抗がん剤は、単独で使った場合、効果があるのはせいぜい30-40%で、効かない可能性のほうが大きい…

日本人の腸の老化が速くなって来ています。

日本人の腸内細菌数は、戦前に比べて少なくなって、「腸内フローラ」のバランスも崩れて、腸の老化のスピードが速くなっています。 腸内細菌のエサである野菜や豆類、食物繊維の摂取量が減ってきたからです。 日本人の野菜消費量は1985 年、1人当たり年…

血液をサラサラにするケイ素

血液細胞の大きさほ8ミクロン、毛細血管の内径は5ミクロンで、酸化したドロドロ血液は、毛細血管を通れませんが、ケイ素水でサラサラになった血液は、毛細血管を通ることができます。 ケイ素は、他にも糖尿病などの血行障害・ガンや心臓病などの血液が原因…

ステビアのエコ・パワー

ステビアのエコ・パワーは、土壌を変え・食べ物を変えるだけでなく、私たちの健康力を復活させ、地球環境をも改善してしまう力があります。 私たちが毎日、食する野菜、肉、魚などあらゆる食材が農薬・化学肥料や抗付物質を大量に含む飼料等によって汚染され…

抗がん剤の副作用を軽くするステビア

活性酸素は、ガンを発生させる原因ですが、ガン細胞を殺す力もあります。つまり、抗ガン剤は殺すガの強い活性酸素を体の中に人れることで、ガン細胞を殺しているのです。 アドリアマイン、プレオマイシン、シスウラチシなどの抗ガン剤は活性酸素そのもので、…

花粉症の咳・くしゃみ・眼のかゆみ対策

花粉症を改善するには、免疫システムから治しませんか 花粉症は免疫異常が原因で発症する病気で、根本から治すには免疫システムを正常に戻すことが重要です。 一度狂ってしまったものを元にもどすことは非常に困難です。 乳酸菌FK-23菌」は、免疫システ…

生活習慣病の90%か活性酸素が原因

病気になる90%は活性酸素が原因て、残りの10%は、風邪やエイズ、新型コロナ、結核などの菌が体内に入っておこる病気、すなわち感染症です。 人は呼吸することによって空気中から酸素を取り入れ、そして細胞はその酸素を使って栄養分を分解し、生きてい…

生活習慣病は、根治療法でないと治りません

生活習慣病の治療は、対象治療で、病気の改善はできますが、治癒させるものなく、例えば糖尿病の患者さんに、薬を飲んで頂き、血糖値やHbA1cが正常になっても、これは糖尿病が治った分けではありません。 何故なら、もし薬を中断したら、血糖値もHbA1cも再び…

ステビアエキスの抗がん力

ステビアには植物レベルで緑茶の7倍の抗酸化作用があって、ステビア濃縮液には非常にその働きが強いことが、東北大学の研究で明らかにされています。 日本大学の滝片道夫教授は、ステビアの発ガン抑制作用があることを発表されています。 ところで、抗酸化…

その疲れ、脳かも・・・

筋肉が疲労していたとしても、「疲れた」と感じるのは脳ですから、疲労感は脳で生まれているのです。 心拍、呼吸、血圧、体温、消化吸収といった生命維持に欠かせない機能をコントロールしているのは自律神経で、脳の自律神経中枢域で活性酸素が過剰になると…

末期ガンを改善する人の多い濃縮乳酸菌

濃縮乳酸菌が抗ガン剤治療の副作用を緩和し食欲不振や吐きけが和らいだのとの声か多く聞かれます。 現在のガン治療の中心である手術は、体の負担が大きく、放射線治療と抗ガン剤は副作用を伴うで、いずれも完璧な治療ではありません。 手術後の体力低下、抗…

コロナに負けない免疫力

コロナに負けない免疫力を高めるためには、細胞に吸収される栄養素をバランスよく摂ることです。 人間は、食べるのを食べて、消化、吸収して生きています。 細胞に栄養が吸収されるのは、イオン化したミネラル、単分化したタンパク質、糖質、ぶどう糖です。 …

骨からのメッセージ 

骨粗しょう症は高齢者だけの病気ではなく、若く健康なのに骨粗しょう症を発症する患者も多く、その場合、スクレロスチンの大発生が原因となっている可能性が高いのです。 骨は常に作り替えられていて、大人では3~5年で全身の骨が入れ替わり、新しく強い骨…

ペットの愛犬や猫が、健康になり・長生きでます

愛犬や猫には、ずっと健康でいてほしいと願っていても、飼い主の気持ちとは裏腹に、生活習慣病の予備軍にしているかも? そのままにしておくと、さまざまな病気を引き起こす可能性の高くなります。 犬や猫の「生活習慣病」の原因として考えられるものは? 人…

糖尿や高血圧などの病気がを治せないのは・・・

病気になる90%は活性酸素が原因て、残りの10%は、風邪やエイズ、新型コロナ、結核などの菌が体内に入っておこる病気、すなわち感染症です。 人は呼吸することによって空気中から酸素を取り入れ、そして細胞はその酸素を使って栄養分を分解し、生きてい…

新型コロナ感染者の7割の方が後遺症が続く

東京都は4日、新型コロナウイルスの感染状況を分析、若年層を含む7割超の患者が嗅覚障害や脱毛などの症状を訴えてとの報告がありました。 調査は2020年2~6月、国立国際医療研究センター(新宿区)を退院した新型コロナ患者63人を対象に実施 され…

健康を復活、地球環境も変えるパワー

ステビアのエコ・パワーは、土壌を変え・食べ物を変えるだけでなく、私たちの健康力を復活させ、地球環境をも改善してしまう力があります。 私たちが毎日、食する野菜、肉、魚などあらゆる食材が農薬・化学肥料や抗付物質を大量に含む飼料等によって汚染され…

忍び寄る突然死を防ぐステビアエキス

突然死とは、心臓の異変に起因している場合はほとんどが1~2時間のうちに死亡しています。 よく、早朝のゴルフ場などで、第1打のティーショツトが大敵といわれます。 ギャラリーにいいところを見せようとして張り切り、思わずオーバースイング。 「ナイス…