100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

老化を早めるケイ素不足

ケイ素は若々しさと健康を願う人にとって、必須の栄養素、医療先進国のドイツでは、 健康・美容のためにケイ素不足の解消が不可欠ということがさまざまな臨床試験等で証明されております。 ドイツでは、ケイ素は常備薬的な用い方をされており、10年以上サ…

国内新型コロナ感染 2万人を超える

国内で新型コロナが確認され、7月4日で2万人を超えてしまいました。 新型コロナに感染しても、症状が出ない人も多くあり、症状が出た場合も大半き、咳や発熱などの軽症で終わり、感染しても気づいていません。 そのため、感染が再び広がる恐れがあります…

新型コロナに負けない自衛策

外出自粛なので家にいる時間が増え、ひきこもっておとなしく過ごすしていますと、感染したときに重症化させてしまう原因になります。 自宅に引きこもり、運動などもせずに過ごす、いわゆる生活不活発な状態になると虚弱が進み、心身や脳の機能が低下していき…

喫煙者の新型コロナ重症化

新型コロナで重症化しやすいのは、免疫力低下している高齢者のうち、免疫不全の人です。 糖尿病で特に血糖コントロールが悪い人、リウマチなどの自己免疫疾患で免疫抑制剤を使っている場合が該当します。 また、がんで免疫機能が低下している人も重症化しや…

活性酸素を減らす野菜

活性酸素が増えると体によくないなどの話をよく耳にしませんか。 肌のしみやしわといった老化現象から、動脈硬化やがんなど多くの生活習慣病の原因として、活性酸素がクローズアップされています。 活性酸素とは、「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸…

糖尿病を改善するだけでなく毛髪力が 蘇るシリカ

毛髪力を蘇りさせるには、食べ物、飲み物がとくに重要で、ただ、食物や飲み物にこだわったところで、腸が元気でなければ吸収率が落ちてしまいます。 腸内環境を整え、食べ物や飲み物に気を配っていくと、毛髪力を高められます。 そのことを前提として、飲み…

前立腺がんを防ぐ大豆

大豆は、古くから日本で親しまれてきた食材のひとつで、大豆の一粒には、タンパク質をはじめ、脂質、糖質、ビタミンB1、ビタミンE、葉酸、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅など、栄養素の種類がとても豊富、ビタミンやミネラルの含有…

60歳過ぎると悪玉菌が急激に増える

60歳を過ぎますと、腸内細菌の組成が変化し、悪玉菌が増加して、善玉菌が急激に減少するようになります。 特に問題なるのが、悪玉菌のなかでも有害物質をつくる細菌種が増えることです。 腸内細菌が生み出す有害物質が、迷走神経や血管、リンバ管などを通…

乳がんや子宮頸がんは、腸内細菌の偏りが・・

乳がんや子宮頸がんは、女性ホルモンの分泌と深いかかわりがあると考えられています。 データーによりますと、女性ホルモンのバランスを崩しやすい30~40歳がピークになります。 婦人科系がんに影響それるのが、「エストロゲン」という女性ホルモンです…

外国人と日本人の新型コロナの違い

アメリカ、ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、新型コロナウイルスの感染が確認された人は日本時間、26日午前3時の時点で世界で949万1799人、亡くなった人は48万4155人となっています。 感染者の多い国 ▽アメリカが239万849…

新型コロナで死ぬかと思った

体験者の話 最初は気づかないくらいの地味なものだったのが、そのうち階段を上るだけで老人のように息切れするようになった。 それから間もなく、運動ができなくなり、まったく動けなくなった。 新型ウイルスが肺を攻撃しているのに、反撃できなくなって病院…

病気のデパート

病気のデパートである肥満は、単純性肥満と単純性肥満の2つあり、単純性肥満は、体の機能障害や、特定の病気が原因になるわけではなく、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るために起こる肥満のことで、肥満の95%が該当します。 症候性肥満は、何らか…

病気を治すには、細胞が歓ぶ油に変えること

健康な体も、病んでいる体もすべて細胞が造っています。細胞が喜ぶ油を摂ればいきいきと活動しますが、細胞が嫌がる油を摂れば、生命活動が阻害されます。 細胞は、脳、血液、皮膚、胃腸などの臓器、筋肉、骨なビ、組織によって様々な形状や役割がありますが…

コロナ感染者の初期症状

新型コロナウイルス初期症状は、発熱や咳など風邪のような症状がみられるほか、嗅覚・味覚障害が生じることがあります。 人によっては下痢・嘔吐などの消化器症状や意識障害などの神経症状が現れることもあります。 感染者の体験談より 最初は普通のかぜかな…

加齢による機能・筋肉低下

最近、筋力量が低下し、筋力や身体機能が衰えてしまう「サルコペニア」が話題になってい ます。 加齢によるサルコペニアを「一次性サルコペニア」といい、高齢化が進む日本では深刻な問 題になりつつあります。 初期では、ペットボトルのふたがなかなか開け…

ミネラル不足が引き起こす体調不調

5大栄養素のうちの1つで、身体を構成する材料となったり、体調を整えるなどの重要な役割を担う栄養素です。 しかし、身体づくりの材料として注目されるタンパク質に比べ、ミネラルへの意識はまだまだ低いのが現状です。 ミネラルは体内で合成することがで…

化粧品で、美肌は持続できない

血管は、全ての器官に栄養を送る大切なパイプ、もしこのパイプが途中で狭くなったり、詰まったりすると全身の器官に十分な栄養が運ばれないため、内臓の機能が低下してゆき、それが病気へとつながってしまいます。 つまり、どんなに臓器が正常でも、血管が正…

薬では慢性病は治せない

糖尿病や高血圧などのいわゆる生活習慣病や、花粉症、アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチ、膠原病などのアレルギー疾患や免疫疾患は慢性疾患で、寛解や治癒するには長い時間がかかる病です。 病気の囚子をもっている人に、体内にたまった毒素、汚血、疲労、…

背中からのSOS

汚血は、背中が一番先にたまる場所で、背中のふくらんでいるところに汚血がたまっており、いわば背中が毒素のタンクのような状態になってしまいます。 両肩を後ろ引けない、肩甲骨の形が見えにくいなどの状態になれば、そうとうな量の汚血がたまっていると言…

太る菌を増やしていませんか

内臓脂肪を効率よく落とすには、体を「よりやせやすい状態」にして、体内の脂肪が減っていく「いい流れ」をつくっていく必要があります。 そのための重要なカギとなるのが「陽」です、腸内には、100兆個以上の腸内細菌が棲んでいます。 どんなタイフの腸…

薬では解消しない動脈硬化

私たちの体はコラーゲンが不足すると、老化が進んだり、病気や慢性疾患の回復が遅れたりすることが、これまでの研究から明らかになってきました。 そしてコラーゲンは体を形成し、正常に機能させるためには必要不可欠で、体を若い状態に保ってくれる物質であ…

全世界700方人以上の新型コロナウイルス感染で分かったこと

世界保健機関WHOによりますと、全世界で700方人以上が新型コロナウイルスに感染し、300万方人近くが回復との報告。 感染者の内、重症化したのが2割、残り8割は軽症もしくは無症状で、症状が出たとしても、インフルエンザより少しきつい程度。 多くの…

安いお酒でも高級酒の飲み口に変える水溶性イオン化カルシウム

アルコールは百薬の長というものの、飲みすぎれば毒にもなることは皆さんご承知のとおり、つらいつらい二日酔、水溶性イオン化カルシウムを上手に利用して防ぎましょう。 二日酔の原因は、はっきりしていて、「飲みすぎ」です。 体の中に取り入れられたアル…

原因不明の病気が増える日本

最近、多くの人たちが、表現しがたい体の不調を訴えるケースが急増しているそうです。 医師から処方された何種類かの薬を試してみてもいっこうに改善しません。 そこで、CTスキャン、MRIなどによる検査でも原因がわかりません。 原因がわからなければ治療す…

血管をボロボロにする薬

今の医療では、糖尿は完全に治るということはありません。 治療は、自分の状態に合わせての「食事療法」・「運動療法」・「薬物療法」の3本柱になります。 血糖値が高いままの生活を続けると、血管がもろく、ボロボロになってしまういわゆる血管病になりま…

ミネラル不足による健康障害

ミネラルの不足が原因で、若者の健康障害が増え、ミネラルは、自動車のエンジンプラグのような働きをしてくれています。 食生活から充分なミネラルか摂取できないと、代謝機能が低下して生理的な機能が維持されず、さまざまな原因不明の健康障害や疾病が発生…

心血管疾患や脳梗塞などのリスクを高める加工食品

リンが過剰に溜まると血管がボロボロに、リンは人体にとって必要な物質ですが、現在は、加工品によって知らず知らずのうちに過剰摂取となり、健康を阻害しています。 リンガ不足しますと骨軟化症、歯周病や筋肉低下を招きますが、必要な量を肉、魚、牛乳や穀…

血液をドロドロにしてしまうマーガリンやマヨネーズ

トランス脂肪酸が主成分のマーガリンやマヨネーズ、ショートニングは、血液をドロドロにしてしまう恐れがあります。 サラダ油に水素を添加して、常温で固形化しているということは、融点を常温より高くするわけですから、加熱しなければ溶け出しません。 私…

新型コロナの原因は

新型コロナウィルスに関しては様々識者が様々に見解がなされ、新型肺炎の本当の原因は、コロウィルス菌ではないとと題した大変異深い投稿をされていますのでご紹介ます。 直接の病原体は、新型コロナィルス菌ではありますが、実は本当の原因は別にあるとのこ…

がん再発を抑えるニンジンジユース

にんじん・りんごジュースは、がんに良いということでたくさんの先生方が推奨されています。 人参にはアスコルキナーゼという酵素が含まれており、これがビタミンCを破壊する働きがあり、ほかの野菜と一緒にジュースにしてしまうと、ほかの野菜のビタミンCを…