100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

世界で広がる新型コロナ後遺症被害

産経新聞によりますと、新型コロナウイルスの感染後、何カ月も疲労感や体の痛みなどの後遺症に苦しむ患者が各国で報告されているそうです。

世界保健機関(WHO)は後遺症の研究を進めるよう各国政府に呼びかけているが、原因は不明で治療法も確立されていないとのことです。

感染後、長期間、職場に復帰できないケースが増加する恐れがあり、来年以降、コロナ問題の新たな焦点となりそうです。

リバプール熱帯医学校で疫学を研究するポール・ガーナー教授(65)はそう打ち明けた。

ガーナー氏は3月に新型コロナに感染。約4カ月間は体の痛み、頭痛、倦怠(けんたい)感などに苦しんだ。感染後の免疫反応によって体内にできる抗体の検査では陽性反応が出たため、症状の回復が期待された。

しかし、その後も約3カ月間、疲労感や吐き気、意識がもうろうとする症状に悩まされた。

ガーナー氏は「快方に向かったかと思うと、また体調が悪くなる意地悪な攻撃を受けているようだった」と話す。10月から症状が改善したが、今でも体調が悪化しないか気を抜けない。

感染後、PCR検査で陰性と診断されても後遺症が続く例もある。英メディアによると、4月に感染した英イングランドに住む女性のカースティ・マッキントッシュさん(42)は、6月にPCR検査で陰性と診断された後も疲労や息切れ、せきが数カ月続いた。

WHOは10月30日、後遺症について、疲労、せき、息切れ、肺や心臓を含む主要臓器の炎症や損傷のほか心理的な影響などを挙げ、年齢や性別を問わず各国で発生していると公表した。

WHOの発表を受け、英保健省傘下の公共機関などは今月18日、ガイドラインを作成。大半のコロナ患者の症状は12週間以内に解消すると分析し、12週間が経過しても症状が改善しない場合、後遺症を意味する「ポストコロナ症候群」の疑いがあるとした。

英国家統計局が16日に発表した調査結果では、イングランドの約8200人の新型コロナ患者のうち約10%が12週間を過ぎても症状が続いた。

英メディアによると、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのアルトマン教授(免疫学)は統計などから、後遺症に苦しむ患者は世界で500万人以上いると推定している。

一方、後遺症が起こるメカニズムは不明だ。体内の免疫反応がウイルスの一部を分解しきれず、残ったウイルスが後から活発化することで後遺症が生じる仮説などが指摘されているが、確固たる証拠はない。

そのため、後遺症の治療法や特効薬はなく、対症療法が中心となっている。

英国では、政府がイングランドで約70の後遺症を専門にしたクリニックを開設。米国でも大学が後遺症の研究や診察を専門にする施設を立ち上げた。

ガーナー氏は「多種多様な症状がある後遺症の治療や研究を進めるためには、世界の医療関係者が専門の垣根を越えた情報共有を今まで以上に進める必要がある」と連携を訴えた。

コロナの感染と後遺症を軽減するには、肝機能を高めておくことが大切です。ステビアとプロテサンは、肝機能を高める食品です。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させるに乳酸菌 は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって特許を取得しています。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。
  • 肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。
  • 酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

チサフェルナのエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館

 

新型コロナ異変種/再感染世界であい継ぐ

世界の感染者8000万人 2週間で1000万人増 新型コロナ

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者数が日本時間27日、累計で8000万人に達した。

 

約2週間で1000万人増えた。英首相が19日、「これまでのウイルスよりも最大で70%感染力が強いかもしれない」と変異種の存在を公表するなど感染拡大は終わりが見えない。

 

国別の感染者数では、最も多い米国が1900万人に迫っている。

 

インドは1000万人超、ブラジルも16日に700万人を超えた。

 

約300万人のロシアに続き、フランス、英国、トルコ、イタリアが200万人を超えている。

 

26日には、新たにスペイン、スウェーデン、カナダで変異種への感染例が確認されたことが判明した。

 

世界の死者数は約176万人。10日間ほどで10万人増えている。

 

最多は30万人を超えた米国で、約19万人のブラジルが続く。

 

インドが約15万人、メキシコが約12万人、イタリアと英国は約7万人だ。

新型コロナウイルス感染から回復後、ふた感染するのが世界で相次いでいます。

 

新型コロナウイルスに1回感染して回復した人が再び感染したという報告が、最初に出されたのは香港でした。

 

3月下旬に感染し、その後回復した33歳の男性が、4か月余りたってから再び感染したことが確認されたというのです。

 

香港大学のグループが8月に発表しました。

 

1回目と2回目の感染では、ウイルスの遺伝子の配列が一部で異なっており、世界で初めて科学的に裏付けられた「再感染」の報告だとしています。

 

ネバダ州在住のこの男性は、喉の痛みやせきなどの症状を訴えて、4月の検査で新型コロナ感染が判明。回復後に発熱など再び不調が出て、6月に陽性と確認された。

 

ウイルス遺伝子の異変例もあり、別種のウイルスで重症化することもあり、変異種が増えれはワクチンのの効果も及ばなくなります。

 

免疫が低下していれば悪化の懸念があり、健康維持や感染対策の徹底を叫ばれています。

 

免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもあります。

 

子供や高齢の方は、免疫力が弱いためウイルスに感染しやすく、糖尿病や抗がん剤を使用している人も免疫力か低下しているため、普通感染しない菌でも感染します。

新型コロナは、高齢者や基礎疾患のある人は特に重症化しやすくもし、新型コロナウイルスに感染しても、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

 

ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させるに乳酸菌 は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって特許を取得しています。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

 

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

 

  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。
  • 肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。
  • 酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

チサフェルナのエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税


コロナに負けないドイツ生まれの新しい健康法

ドイツ生まれの健康法は、体に蓄積している化学物質やストレスを抜き、自律神経のバランスを整えて、免疫機能を正常に保つことで、健康が取り戻せます。

脳には、体の機能をコントロールする司令室があり、そこから脳脊髄神経を通路として様々な命令が電気的なエネルギー、すなわち神経エネルギーとして送られ、身体の末端まで伝達されることで、人は自由に身体を動かし、自由な発想で様々な考えや芸術を生み出し、健康でいることが出来ますが、加齢やストレス、食生活、携帯電話や電気製品の電磁波の影響によって、脳からの周波数が弱くなったり、流れが悪くなることで、カラダに支障が現れてくるようになります。

Healyは、スマートホンからプログラムをダウンロードし、それを体内に取り込むだけです。

 

料理や仕事中、テレビを見ながらでも健康づくりができます。

 

1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムで、カラダを調整ホローしてくれます。

 

プログラムを体内に取り込むことで、体に蓄積している不要物の排出ができたり、ストレスが抜けたり、血液がサラサラになったり、疲労が即解消できたり、体全体の細胞が活性化することで、癌や生活習慣病の予防ができます。

 

人間の体には、病気を治してくれる自然治癒力がありますが、加齢やストレス、食生活などの影響を受けて下降して行きますが、Healyは小さな電子機器ですから、加齢やストレスなどの影響を受けることはなく、個別に設定した周波数を使用して、身体の特定の位置に刺激を与えます。

Healyは、人間の治癒力を手助けする医療機器です。

ドイツ生まれのHealy

 

新型コロナに感染しない・させない対策

新型コロナウイルスが世界的に大流行している今、自分も家族もいつ感染するかわかりません。

感染しない・感染させないためにも、換気の悪い密閉空間、近距離での会話や発声がある密接場所、手の届く距離に多くの人がいる密集場所を避けましょう。

新型コロナウイルス感染に備えは、睡眠を充分にとって、免疫力を高めておくことです。

特に3つの条件が同時に重なる場所は、一度に多くの人が感染し、クラスター(集団)発生のリスクが高いため、避けましょう。

また、共同で使う物品などは消毒しましょう。

咳・発熱等の風邪症状が見られる場合や感染が疑われる場合は、外出を避けよう

不要・不急の外出は避け、職場などは行かないでください。やむを得ず外出する場合は、マスクを着用しましょう。

直接医療機関を受診せず、必ず「帰国者・接触者電話相談センター」にご相談ください。

・体温が37.5度以上の発熱が続く場合
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)があるとき

※高齢者や基礎疾患のある方は、上記状態が2日以上続く場合はご相談ください。

※妊娠中の方は、念のため、早めにご相談ください。

症状がある方を家庭で看護するときの注意点

風邪症状が出たときには、症状の程度が軽い場合であっても、新型コロナウイルス感染症の可能性を念頭において以下の点に注意しましょう。
・患者の部屋を分ける
・患者の看護は限られた人で行う
・マスクを着ける
・こまめに手を洗う
・換気をする
・共有部分を消毒する
・食器やタオルなどの共有は避ける
・ごみは密封して捨てる
・汚れた衣類・リネンは、手袋とマスクを着けて洗剤で洗濯し、完全に乾かす

無症状または症状が軽い方が、本人が気付かないうちに感染を広めてしまう事例が多く見られます。

 

新型コロナは、高齢者や基礎疾患のある人は特に重症化しやすくもし、新型コロナウイルスに感染しても、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させるに乳酸菌 は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって特許を取得しています。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。
  • 肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。
  • 酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

チサフェルナのエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税

プロテサンのFK-23菌は、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、免疫力を高めるだけでなく傷ついた血管を修復し、脳梗塞心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化にはたらいてくれます。

プロテサンは、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロール中性脂肪を減少させるなど医薬品でも難しい働きをしてくれます。

健康を快復する為には、1日に1兆個以上の乳酸菌を補うことが必要です。プロテサンは、1包で乳酸菌6000億個・1兆個・2兆個・4兆個の4タイプがあり、どのタイプも同じFK-23菌です。

プロテサンr100包 

自然治癒力と免疫力を高め、コロナ感染を制御してくれるステビア濃縮エキス

ステビアは、南米バラグアイ原産のキク科の多年草で、人類の生命の依存に福音となる秘めたる効力の可能性がありま。

スバ抜けた抗酸力・・・・高血圧、動脈硬が原因となって起こる脳卒中心筋梗塞などの血流障害、肝機能障害、糖尿病、アトピー症などから体を守ります。

食物汚染や環境ホルモンに対する解毒力・・・・胃かいようや、アレルギー症の元凶であるヒスタミンを分解し解毒します。

抗菌、抗ウイルス作用・・・・ウイルス感染抑制作用や殺菌作用で体を守る働きがあります。

免疫カと抵抗力をアップ・・・・生体の器官や組織細胞を傷つけて、生活習慣病やガンなどの原因となる活性酸素に致命的をダメージを与えます。

しかも、白血球やりンパ球などの免疫細胞が活性酸素から攻撃されるのを守り,体の免疫力を増進させます。

詳細は、生活習慣病が消えて行くステビア

 

新型コロナウイルス10代の感染者の8割程が無症状保菌者

ニュースなどでも連日新型コロナウイルス感染症の感染者の割合が報道されています。

その中でも耳にするのが無症状という方。

 

無症状というのは、PCR検査は陽性であったにもかかわらず、新型コロナウイルスに関する症状が全く出ていない方を指しています。

 

新型コロナウイルスに感染しているが無症状である方の割合は、現在のところ分かっていません。

 

その理由として、厚生労働省が5月以降無症状で新型コロナウイルスを保菌している方の割合の情報を報じなくなったことも理由としてあります。

 

また、新型コロナウイルスに感染しているが無症状のため検査を受けていない方もいらっしゃるため正確な値は不明としています。

 

厚生労働省が報じている空港検疫の結果を見ると連日1日当たり1~2人は無症状での感染者が報告されており、かなりの人数がいる可能性があります。

 

さらに、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルス感染者のうち4割ほどが無症状の感染者からうつされているとしています。

 

感染しても30~50%の方は症状が出ないということもあるため、無症状で感染している方は多くいらっしゃることが見込まれます。

 

症状が出る方と無症状の方の違いや特徴についてはまだ調査段階ではありますが、1点考えられているのが年齢です。

 

今までの感染者の傾向を見てみると20歳未満は成人よりも感染しにくいということが分かっています。

 

また、各国の調査をみても、10代の感染者の8割程が無症状であるのに対して、70歳以上となると7割程の方に症状が現れるとの報告があります。

 

また、新型コロナウイルスは感染後一定の免疫を獲得することができると考えられていますが、新型コロナウイルスに感染しても無症状で経過した方は、獲得できる免疫レベルが顕著に低い可能性があることが分かっており、再度新型コロナウイルスに感染する可能性も十分にあることが指摘されています。

 

そのため、新型コロナウイルスに感染したが無症状で経過した方も感染への警戒が必要としています。

 

免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもあります。

 

子供や高齢の方は、免疫力が弱いためウイルスに感染しやすく、糖尿病や抗がん剤を使用している人も免疫力か低下しているため、普通感染しない菌でも感染します。

 

新型コロナは、高齢者や基礎疾患のある人は特に重症化しやすくもし、新型コロナウイルスに感染しても、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

コロナに負けないために、抗酸化力の強いステビア濃縮エキスで、治癒力と免疫力を高めましょう。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館

 

「うつ病」になる方が増えています。

うつ病など「心の病」が原因で、2019年度に休職した公立小中高・特別支援学校などの教職員が5478人、18年度に退職した公立学校教員が817人いて、ともに過去最多だったことが22日、文部科学省の調査で分かりました。

 

学校種別では、近年児童生徒数が増えている特別支援学校が649人で、小学校2647人、中学校1387人、高校768人。

 

年代別では、働き盛りの30代が1477人、40代が1380人、50代は1789人。

 

このように、どこの職業でも「うつ病」になる方が増え、だれでもなる可能性のある病気です。

 

今後、 コロナの影響で「うつ」になる方が増えると言われています。

 

近年、腸内細菌は脳の機能にも影響を与えることを示唆する研究結果が次々に報告されています。

 

腸内には 100兆個、重さにして約1~1.5kg、1000種類以上もの腸内細菌が生息し、食物からの栄養素の吸収、ビタミンやタンパク質の合成、体外からの新たな病原菌の侵入の防止など、多岐にわたる重要な機能を担っています。

 

うつ病患者のは、健常者と比較して、善玉菌の菌数が有意に低く、ビフィズス菌・乳酸桿菌ともに一定の菌数以下であることが、世界で初めて明らかされました。

現在、うつ病患者数(治療を受けている人数)は 70 万人と推定されています。

治療を受けていない罹患者はその 3~4 倍存在するとされ、うつ病は国民の健康をおびやかす重大な病気の1つです。

 

うつ病の発症には、ストレスが大きく関係しているといわれています。

 

「心が弱い人はストレスに弱いから、うつ病を発症するのではないか」と考える人がいるかもしれませんが、ストレスとはそもそも「心や体にかかる刺激や負荷」を指します。

 

つまり、人によっては思いもよらない出来事がストレスになるのです。

 

親しい人との死別や離婚、あるいは病気になるなどといった悲しい、つらい出来事がストレスとなるのは理解しやすいと思われます。

 

しかし、それ以外にも昇進や結婚、こどもの独立など、どちらかというと明るい人生の転機でさえストレスとなることがあるのです。

うつ病と関わる第二の脳と言われる腸

腸は消化吸収のためだけの器官ではなく、ヒトのカラダにおける最大の免疫系組織であり、多くの神経系・内分泌系組織が集まっています。

 

腸は、自ら考え、動き、また脳を通じて全身に指令を送る働きかけをすることも出来ると考えられています。

 

そのため"腸は第二の脳"と呼ばれ、ヒトのカラダに多くの影響を与えています。

 

腸と脳が相互に情報を伝え合い、カラダの働きを調整する関係にあるからこそ「うつ病」なとが起きて来ます。

消化吸収以外の腸の機能

✡ ヒトのカラダを守るリンパ球の6割が集まる最大のリンパ組織(免疫系)

✡ 首から下の神経の半分以上が集まる最大の末梢神経組織(神経系)

✡ 全身の器官の機能をコントロールするさまざまなホルモンを生産(内分泌系)

 

プロテサンは、善玉菌を増やして、免疫の能力を刺激し、攻撃力と寛容力のバランスを保つ働きがあり、ストレスやうつ病を改善できる可能性を持っています。

FK-23菌

ストレスを解消し治癒力知ゅ力を高めるドイツ生まれの新しい健康法

ドイツ生まれの健康法は、体に蓄積している化学物質やストレスを抜き、自律神経のバランスを整えて、免疫機能を正常に保つことで、健康が取り戻せます。

脳には、体の機能をコントロールする司令室があり、そこから脳脊髄神経を通路として様々な命令が電気的なエネルギー、すなわち神経エネルギーとして送られ、身体の末端まで伝達されることで、人は自由に身体を動かし、自由な発想で様々な考えや芸術を生み出し、健康でいることが出来ますが、加齢やストレス、食生活、携帯電話や電気製品の電磁波の影響によって、脳からの周波数が弱くなったり、流れが悪くなることで、カラダに支障が現れてくるようになります。

Healyは、スマートホンからプログラムをダウンロードし、それを体内に取り込むだけです。

 

1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムで、カラダを調整ホローしてくれます。

 

プログラムを体内に取り込むことで、体に蓄積している不要物の排出ができたり、ストレスが抜けたり、血液がサラサラになったり、疲労が即解消できたり、体全体の細胞が活性化することで、癌や生活習慣病の予防ができます。

 

人間の体には、病気を治してくれる自然治癒力がありますが、加齢やストレス、食生活などの影響を受けて下降して行きますが、Healyは小さな電子機器ですから、加齢やストレスなどの影響を受けることはなく、個別に設定した周波数を使用して、身体の特定の位置に刺激を与えます。

 

ドイツ生まれのHealy

 

コロナ感染から守るには、腸管免疫強化しか・・

新型コロナウイルスと同様に呼吸器感染症を引き起こすインフルエンザウイルスの治療では、細胞内に侵入したウイルスの増殖を抑える薬剤、あるいは増殖したウイルスが細胞から放出されるステップを阻害する薬剤などが開発されており、ウイルスそのものを標的とすることができます。

 

しかし2020年12月現在、新型コロナウイルスを直接標的とする確立した治療薬はありません。

 

イギリスでは、感染力の強い異変したウイルスの報告がありますが、基本的には熱を下げる、酸素を投与するなどの対症療法を行いながら、自分の免疫力によって体内のウイルスが駆逐されるのを待つことになります。

 

一般の風邪のように、ほとんど重症化しないウイルス感染症の場合にはそれで問題になりませんが、新型コロナウイルス感染症では一部で重症化し、対症療法だけでは治癒できないケースがあるため、重症化を防いで治癒を早める治療薬が必要になります。

 

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

 

感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。

 

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

 

私たちは、自己防衛に、免疫を高めてるしかありません。

 

濃縮乳酸菌FK-23菌は、肺炎防御の特許を取得した乳酸食品で、免疫を高めてくれる乳酸菌で、新型コロナウイルスに感染し場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

子供や高齢者は、免疫力が弱いために病原菌やウイルスに感染しやすくなっています。

糖尿病の方や抗がん剤を使用されている方も免疫力が低下しているため、普通では感染しない菌にも感染します。

 

FK-23菌は、善玉菌を増やして腸内環境が整えられ、強化された腸管免疫がウイルスを撃退してくれます。

 

私たちの腸の中には、500種類以上、約100兆個もの腸内細菌がすみついています。

 

人間の細胞の数は、およそ60兆個ですから、腸内細菌の数がいかに膨大か、簡単にご想像いただけると思います。

 

腸に棲んでいる細菌は、乳酸菌などの「善玉苗」、ウェルシュ菌などの「悪玉菌」、善玉菌と悪玉菌のどちらにも属さない「日和見菌」に分けられます。

 

比率は通常、善玉苗と悪玉苗がそれぞれ15%ずつ、日和見菌が70%程度です。

 

善玉菌は、ビタミンやたんぱく質のム合成、消化・吸収の手助けなど、健康の促進に役立っ働きをしています。

 

一方、悪玉菌はアンモニアインドールなど、人体に悪影響を与える毒素を作り出しています。

 

腸から吸収された毒素は、高血圧や動脈硬化の引き金となる場合もあるので注意が必要です。

 

善玉菌と悪玉菌は、腸の中で毎日勢力争いを続けています。

 

勝ち負けを決定づけるのは、日和見菌が善悪どちらの味方にっくかです。

 

日和見菌は善玉苗と悪玉菌のうち、数が多く力のある菌に加勢する性質があるのです。

 

腸内細菌の勢力争いに善玉菌が勝ちつづけ、良好な腸内環境を維辞することはとても大切です。

これは、ガンと闘うためにも、欠くことのできないことといえます。

 

なぜなら、善玉菌が増えて腸内環境が改善すると、「腸管免疫」という強力な免疫システムの力が最大限に発揮されるからです。

 

具体的には、小腸に「パイエル板」というリンパ組織が存在します。

 

パイエル板には全身の免疫細胞の7割が集まっており、有害な細菌やウイルスなどと闘って います。

腸内環境と免疫細胞の働きの関係はすべてが解明されているわけではありませんが、善玉菌が増えることで腸管免疫が強くなることは明らかになっています。

 

腸管免疫の働きが活発なら、有害な細菌、ウイルスに打ち勝つことができます。

 

腸管免疫は、乳酸菌食品を摂ることで活性化ができます。

 

そのさい、摂取する乳酸菌の「質」と「量」が大切です。

 

まずは「質」について。

 

乳酸菌にはそれぞれ個性があり、免疫力を増強する作用も菌種によって異なります。

最も優れた免疫力増強作用を持っているのが、「エンテロコソカス・フエカリスFK-23菌です。

 

免疫力増強作用は、加熱処理によって3倍に高まることが証明されています。

 

次に、「量」、市販されている乳酸菌食品は、乳酸菌の含有量が多いもので100㍊あたり10億個程度です。

 

医薬品の乳酸菌製剤でも1㌘あたり100億個ほどで、この程度では、腸内環境の改善は期待できません。

 

腸内環境を改善するには、少なくとも一日に1兆個以上の乳酸菌が必要で、加熱処理されたFK-23菌は、1包に4兆個の乳酸菌数です。

腸内環境は、血糖コントロールとも深く関わっています。

米国のイリノイ大学の研究では、血糖コントロールがずっと良好、あるいは徐々に改善する人の腸内では、腸内細菌が多くみられ、代謝や免疫といった体の機能に良い影響を与える善玉菌が多いことが判明されました。

 

順天堂大学の研究チームも、日本人の2型糖尿病患者の腸内フローラと、腸内細菌の血流中への移行について調査されています。

 

糖尿病患者の腸内フローラが乱れていることと、腸内細菌が腸内から血流中へ移行しやすいことが明らかにされています。

 

プロテサンは、新型コロナを予防するだけでなく、糖尿病など生活習慣病を予防改善する乳酸菌です。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館

 

 

国内コロナ2ヶ月で倍増・子供さんの新型コロナ対策

国内コロナ2ヶ月で倍増

国内のの新型コロナウイルス感染者が21日、累計で20万人を超えました。

 

1月16日に初の公表され、10万人になるまでの期間は約9ヶ月半だったのが、その後の2ヶ月足らずで2倍に膨れあがりました。

 

11月がら本格化した「第3波」の流行は衰えず、感染が都市から全国に拡散しています。

 

新型コロナウイルス感染の子どもにおける特徴

子どもにおける新型コロナウイルス感染症に関しては、感染者の報告が日本国内、国外において大人に比較して少ないため、まだわかっていないことが多いです。

 

現在分かっている情報では、子どもは感染しても症状が出ない、あるいは症状が軽いことが多いと報告されています。ただし、大人と比べると割合は低いですが、重症化することもあります。

 

 子どもの感染症予防

子どもにおいて特別な感染予防はなく、大人と同様に三密を避け、手洗い・手指消毒を行ってください。

 

子どもは家庭内で感染していることが多いとの報告があるため、まずはご家族の感染予防が大事です。家庭内に感染の疑いがある方がおられる場合は、別室で過ごすなど接触を避けてください。

 

お子さんに熱・気道症状がある場合について

お子さんの新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居、あるいは長時間の接触があり、以下のいずれかに該当する場合は、帰国者・接触者相談センターに御相談下さい。

 

強いだるさや息苦しさがある場合

 

風邪の症状や37.5度以上の発熱が続く場合

 

お子さんが上記に該当しない場合、PCR検査を希望して医療機関を受診しても、検査が出来ない可能性があります。

 

受診によって新型コロナウイルス感染の機会を増やす危険性があります。

 

受診に迷う場合は、一旦かかりつけの医療機関に御相談下さい。

 

なお、原因不明の発熱が続く、呼吸が苦しそう、水分や食事がとれない、ぐったりしているなどの症状がみられるときには、新型コロナウイルス感染症に感染しているか否かに関わらず、他の病気も考えられますので、速やかにかかりつけ医療機関に連絡の上、受診してください。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

ウイルスによる肺の炎症を抑制して新しい肺胞上皮細胞を増殖させるに乳酸菌 をニチニチ製薬と北海道大学との共同研究で特許を取得しています。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。
  • 肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。
  • 酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

チサフェルナのエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館