100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

便利な食べ物が命を縮めている

すぐに食べれる市販の加工食品やファストフードは便利だか、健康への悪影響が明らかにされています。

加工肉を毎日50グラム食べ続けますと、大腸癌になるリスクが18%高くなると言われています。

 

ベーコンだと約2枚・ホットドックだと1本になります。

 

肉を高温で揚げたり、調理しますと発がん性物質のニトロソアミンが形成されるそうです。

赤味の牛肉や豚肉、毎日100gで、大腸がんのリスクが17%高まります。

 

うまい・やすい・早いのの牛どんや豚どんを毎日食べている方は要注意です。

 

インスタントフード、スナック菓子などのジャンクフードが、認知症を引き起こす可能性かあると発表されています。

 

ジャンクフードを摂取することで、脳の海馬になんらかなダメージを受け、肥満や心臓病だけでなく、認知症のリスクが高まります。

 

市販の加工食品を食べ続けていますと、知らず知らずのうちにリンの摂り過ぎになってしまいます。

 

リンは、カルシュウムの次に体内に多く存在するミネラルです。

 

リンが過剰になりますと、血管がボロボロになってしまいます。

 

中年になりますと、腎臓機能が低下し、余分なリンの排出も低下します。

 

リンが体内に溜まってしまいますと、リンとカルシュウムが血管に付着することで、血管の石灰化が進んで弾力が失われ、心筋梗塞脳梗塞などのリスクが高まります。

 

病気を寄せ付けないプロテサン – KYOTO 健康村

 

 

いらない薬

処方薬も市販薬総合感冒薬にはデメリットの多いというのが多くの医者の見解です。

 

風邪薬には、鼻水を止める・のぞの痛みを和らげる・熱を下げる・咳をとめるなど多くの成分が入っています。

 

鼻水や咳・熱がでるのは、体内から悪いウイルスを追い出そうとする生体防御反応で、

 

薬で抑えこもとするのは、治ろうとする体の働きを邪魔して治癒を遅らせるていることになります。

 

風邪は、休ませてくとというカラダのサインです。

 

薬に頼るのも仕方ない事かもしれませんが、最良のクスリは休息です。

 

薬は、何種類の成分が入っています。

 

成分が多いほどカラダにに負担をかけることになります。

 

風邪薬は対症療法で、風邪を治す効果はなく、その場の症状を軽くするだけです。

 

咳がつらい時は、咳止めのクスリ

 

鼻水がつらいときは、鼻水止めのクスリ

 

つらい症状にあわせたクスリをピンポイトで使用すのがよいのでないでしょか

 

よく風邪を引く方は、免疫力を高める為に、腸内環境を整えれば、風邪を引かなくなります。

インフルエンザに強い味方になるフェカリス菌 – KYOTO 健康村

 

癌になったと時の医療の自己負担

癌の種類にもよりますが医療費の総額は約 60万~70万円程度となっています。

社会保険国民健康保険に加入していれば3割負担となるので、負担額は20万程度です。

さらに、高額医療費控除制度があるため、実際の自己負担額は20万円より少なくなることが多いです

がんの種類 平均入院日数 1日の費用 入院費用
胃がん 19.3日 約14.400円 約278.000円
肝臓がん 18.8日 約14.880円 約280.000円
結腸がん 16.6日 約15.610円 約259.000円
直腸がん 20.5日 約17.110円 約351.000円
乳がん 12.5日 約16.870円 約211.000円
子宮がん 13.7日 約15.999円 約219.000円

※「入院外でかかる費用」には、食事代や生活費も含まれます
※出典:厚生労働省「医療給付金実態調査平成26年度」「平成26年度患者調査」

先進医療にかかる費用

先進医療とは、特定の大学病院等で、研究・開発・実施されている治療のことで、厚生労働省に承認されている治療のことです。

先進医療は、医療技術そのものの費用が全て自己負担となるため、高額になる場合もあります。※診察や検査などに関しては公的医療保険が適用されます。

先進治療術名 平均費用
陽子治療 約268万円
重粒子線治療 約308万円
活性化自己リンパ球移入療法 約397万円
内視鏡甲状腺悪性腫瘍手術 約26万円

がん保険に入っていない場合には、当然ながら公的な医療制度で保障される範囲をこえた治療費の自己負担額を貯蓄しておくことが必要となります。

一方でがん保険に入っている場合には、そうした自己負担額をがん保険の給付金で手当てすることが可能ですが、そのがん保険の保険料(費用)を毎月支払い続ける必要があります。

がん保険が必要か不要かを判断する際は、がんになった時にどれぐらいの自己負担となり、それを貯蓄で支払えるかを考えて観てください。

自己負担をがん保険の給付金で手当てするために保険料はどれぐらいなら支払うのかを考え見てください。

その両面から検討することが重要なのです。

毎月の掛け金の安い先進医療だけの保険もあります。

癌医療情報

タバコより体に悪い食べ物

普段口にしている食べ物の中で、タバコより体に悪い食べ物

マーガリ

マーガリンは、体に一番悪い油です。

トランス脂肪酸は、自然界には存在しないもので、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らし、高血圧・がん・心臓疾患なと原因になるなど、さまざまな病気をもたらすとの報告があります。

アイスクリーム

アイスクリームは、化学薬品・ホルモン剤・殺菌牛乳・大量の砂糖が使用されているので体に良くありません。

炭酸・ジュース・エナージドリンク

砂糖の多糖酸によって、歯を蝕んだり骨からカルシウームを侵出したり、肥満になるなど何もよいものがありません。

低温処理されてない牛乳

低温処理されてない牛乳は、多くのバクテリアが含まれて可能性があります。

牛に与えられる抗生物質ホルモン剤など使用されていますからです。

キムチ

キムチに大量に使用されています唐辛子成分「カプサイシン」は、胃がんを促進するそうです。

フランスでは「有毒食品」に認定され、輸入禁止になっています。

 

農薬を使用された野菜や果物

どんなに洗っても農薬を完全に取り去ることはできません。

加工肉やスモークした食品

ハムをつくるときに使用される亜硝酸ナトリウムが体に入るとNニトロソ化合物に変わり、胃がんや大腸がんの原因なります。

スモーク製品には、タールが付着している場合があり、タールはタバコの成分ですから、体に良くないです。

トマトの缶詰

酸性の強いトマトの缶詰は、ビノフェノールAが溶け出しやすいから危険なのです。

トマトの水煮は、瓶詰の方が安全です。

ポテトチップス

発がん物質であるアクリルアミドは、焼いたり揚げたり高温で調理しますと、炭水化物の中に多く検出され、ポテトチップスには、発がん物質であるアクリルアミドが多く含まれています。

コーヒー用のクリーム

コーヒーをまろやかにするクリームやシロップには、水素化油脂や異性化糖など健康に害がある人工物質が混じっていることがあります。

ブラックで飲むか、普通の牛乳の方が安全です。

記事 – KYOTO 健康村

爪で健康チェック

高年層に多く見られる 中高年層に多く見られる爪の細かい縦線は加齢によるもので、老化現 象を表し、30歳を過ぎると誰にでも見られます。

 

強い縦線が現れ、爪が割れるようでしたら血行障害などが疑われます。

 

爪の色が白っぽくなるのは、鉄欠乏性貧血や肝臓の病気の疑いあります。

 

爪の根元半分は白っぽく、先半分は赤褐色調になったり、爪甲の先端に横縞の線が出る場合は、腎臓病の疑いあります。

 

足の爪が暗赤色に変わるのは、糖尿病や閉塞性動脈硬化症の疑いがあります。

 

指の先端が膨らむ「ばち指」になると、肺がんや心臓疾患の疑いあります。

 

肺がんの初期症状(咳、たん、血痰など)が見られなくてもばち指になることがあるので、早期発見につながります。

 

スプーン爪は、スプーンのように爪の先が反り返って中央がへこんだ状態は、鉄欠乏性貧血のことが多くありますので、毎月定期的に月経のある女性は注意をしてくださ。

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

高血圧症の方は、 マグネシウム不足かも

必須ミネラルであるマグネシウムが豊富に含まれる食事を摂っていると、高血圧を抑えられる可能性があることが新たな研究で明らかにされています。

 

マグネシウムには、動脈を拡張させる作用があり、血圧を降下させる作用・体内時計の調整にも役立っているという研究も発表されています。

 

マグネシウムは、穀物の糠や胚芽の部分、ホウレンソウやケールなどの野菜

 

アーモンドなどのナッツ類、ゴマ、昆布やワカメなどの海藻、海苔、ヒジキ

 

イワシなどの魚、アサリやハマグリなどの貝類、

 

カキやエビなどに豊富に含まれています。

 

マグネシウムを十分に摂っていると高血圧を改善できることが、インディアナ大学公衆衛生学部の研究で明らかにされています。

 

マグネシウムが細胞の24時間周期の体内時計に必須であるだけでなく、細胞の代謝にも大きな影響を与えていることも明らかにされています。

 

細胞内のマグネシウムは、エネルギー燃焼能力にも影響していることも分かりました。

 

マグネシウムは食物をエネルギーに変換するのに必須の栄養素で、この生物学的な機能を効果的にコントロールする役割も担っています。

 

マグネシウムは、体内のほとんど全ての生合成反応や代謝反応に必要な必須ミネラルです。

 

慢性的な疲労、体重の増加、むくむなどに、マグネシウムの不足が関係しているおそれがあります。

 

カルシウムとともに骨の健康に必要なミネラルでもあり、カルシウムの作用と密接に関与し、骨の健康を維持しています。

 

マグネシウムが足りないと、神経疾患、精神疾患不整脈、心疾患などが起こりやすくなります。

 

カルマックスを飲用しますと、知らず知らずのうちに、体内のミネラルバランスが整い、

 

頭のてっぺんから足の先まで細胞が活性化してきますから、髪の毛や肌はもちろんのこと、体内内部から若がえり、好調になれます。

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

癌細胞が嫌う人参ジュースの作り方

にんじん・りんごジュースは、がんに良いということでたくさんの先生方が推奨されています

 

人参にはアスコルキナーゼという酵素が含まれており、これがビタミンCを破壊する働きがあり、ほかの野菜と一緒にジュースにしてしまうと、ほかの野菜のビタミンCを壊してしまいます、できましたら人参ジュースは、単独に作りましょう。

 

人参にリンゴを入れると美味しくなりますが、その場合もまず人参ジュースを作り、そこにレモン汁を数滴加え酸性にし、ビタミンC破壊酵素が働かなくしておいてからリンゴジュースを混ぜますと、ビタミンCは壊れません。

 

他の野菜ジュースと混ぜて飲みたい時も同じです。

 

ミキサーも高速回転式のミキサーはすりつぶす働きが劣り、栄養素がじゅうぶんに抽出されないと言われていますので、ゆっくりすりつぶし、栄養素をじゅうぶんに搾りだす、圧縮式の低速ジューサーの方がお勧めです。

 

患者様の病気の種類、症状、体質、体調によっては合わない場合もあるかもしれません。様子を見ながらお試しいただくと良いかと思います。

 

ゲルソン食事療法では、ジュースを1日13杯飲みます。

 

8オンス(226g)×13杯で、1日約3000ccのジュースです。

 

ビタミン・ミネラル・酵素などの栄養素を大量に摂ることができます。

 

ビタミン・ミネラル・酵素などが不足すると血液が汚れ、病気の原因になるそうです。

 

人参ジュースファイト・ケミカルという抗がん作用のある物質が含まれていることから飲む抗がん剤ともいわれているそうです。

 

ジュースにすることで、たくさんの量を摂取でき、また病人の弱った体でも消化吸収されやすくなります。

 

ただ、これらの栄養素は熱に弱くまたジュースにするとどんどん栄養が失われていくので摩擦で熱が起きないように低速のジューサーで作り作ってすぐに飲むことが大切です。

ゲルソン食事療法は、1時間おきに1日13回もジュースを作り、1日に13回ジュースを飲みます。

 

これだけの量を飲むのは、とても大変ですから、1回400ccを3回で、1日1200cc~1500ccを飲めばよいとされています。

 

人参ジュースの作り方は

材料ですが、できれば無農薬の新鮮な人参を使用してください。

無農薬のものでしたら、皮ごと使うことができます。

そうでない場合は、皮をむいて使います。

なるべく栄養素を壊さないために低速のものがよいかと思います。

 

材料

にんじん 1〜2本    りんご  1/2個    レモン  1/4〜1/8個

出来上がったらすぐに飲みます。

これを朝、食前に飲みます

できるなら1日何回飲んでも良いです(ゲルソン食事療法では3000ccと言われています)

特に抗がん剤治療中は副作用を減らせると言われていますので、積極的に飲むと良いかと思います

このジュース、本当に美味しいので苦にならないかと思います。

 

野菜の農薬を落す法は、

www.kyoto-kenkou-mura.com