100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

日本若者の精子力が危機的状況

日本人男性の精子力は危機的状況にあるといわれています。

 

精子の数や形、活動力、そして男性ホルモン「テストステロン」の量は、海外の男性に比べてかなり弱いとい結果が出ているそうです。

 

精子力が弱いと、さまざまな生活習慣病になりやすくなります。

 

子供が欲しいという方以外にも、精子力の強化は大切です。

 

亜鉛やセレンは精子の濃度や運動性、形態に関わるミネラルです。

 

不妊の原因にもなるテストステロンには、亜鉛のほかマンガンが関係することがわかっそいます。


また、有害ミネラルの水銀やニッケルが体内に多く蓄積していると精子のDNAが損傷し

やすいので、デトックスを心がけましょう。

 

その他に、カルシュウムとビタミンDの不足は、精液やテストステロンの質の低下を招きます。

 

不妊が考えられる原因

マンガン亜鉛、カルシウムなどの不足と水銀、ニツケルの蓄積

日本人男女に不足しているマグネシュム

マグネシウムは、健康のために必要不可欠な必須元素(ミネラル)です。

私たちはマグネシウムなくしては生きられませんが、残念なことに多くの人々が健康を維持するために必要な量のマグネシウムを十分には摂取できていません。

マグネシウムの推奨摂取量は1日当たり男性が420mg、女性が320mgです。野菜の栽培土壌はミネラルの枯渇が進んでおり、食品を加工することによって食品の栄養の含有量、特にマグネシウムがさらに減ってしまっているため、多くの人々にとって高品質の栄養補助食品が必要になります。

マグネシウムが脳、骨、筋肉に必須の栄養素です。

心血管疾患は、世界中で最大の死因ですが、マグネシウムの欠乏がその一因となっていると考えられます。

早期死亡や身体障害を避けるために、マグネシウムを十分に摂取することの重要性を理解していただきたいと思います。

マグネシウムは、300以上の酵素のほか、ビタミンB群の働きを助ける重要なミネラ
ルです。

 

抗酸化作用やエネルギーを作り出す役割を待っています。

 

お酒を飲んだり、脂っぽいものや糖質の高いものを食べたりする、激しいスポーツを
行ったり、ストレスをためたりすることで消耗されます。


「抗ストレスミネラル」ともいわれ、神経と筋肉をリラックスさせるとともに、落ち込
み、集中力の低下、無気力、疲れやすさを防ぎます。


マグネシウムが不足すると、こむらがえりや不整脈が起きることもあります。

 

マグネシウムが最適に機能するためには、カルシゥム、リン、力リウム、ナトリウムとのバランスが重要です。

 

マグネシウムはカルシウムと合わせると吸収率がアップします。

 

たとえば、あさりと牛乳を使ったクラムチヤウダーやわかめと豆腐のみそ汁などはおすすめです。

 

マグネシュウムが多く含まれている食材

 

こんぶ・ひじき・わかめなどの海藻・そば・とうもろこし・くるみ・アーモンド・カシューナッツ・ピーナツなどのナッツ類

記事 – KYOTO 健康村

 

尿の出が細くなったり、出ぬくくなるのは、

 

精液は、約3分の1が前立腺の分泌液で、約3分の2が精嚢からの分泌液、

 

この他に、精巣から精子を含んだ液などで構成されます。

 

性的興奮が最高潮に達しますと、

 

まず膀胱のすぐ下の尿道を取り巻く前立腺から前立腺液が尿道に分泌されると同時に、

 

膀胱の出口部分が閉じて精液の膀胱内への逆流を防止します。

 

少し遅れて精液が前立腺部分の尿道に放出されると尿道内圧が上昇し、

 

その刺激で尿道周囲の筋肉や会陰部の筋肉が律動的の収縮が起こり、

 

精液は勢よく外尿道口より射出され、同時に快感を感じます。

 

これら一連の現象は反射的に起こり、射精とオーガズムは連続して起こるのが一般的です。

 

夫婦生活が無くなっても、前立腺の分泌液や精嚢からの分泌液は、

 

生成されていますので、それを放置していることによって、

 

尿の出が細くなったり、出ぬくくなるのは、

 

精液によって尿道を狭くしている場合があります。

 

夫婦生活生活ができない方は、自分で処置してみてください。

 

尿の出がよくなります。

 

夫婦生活生活が無くなったことによって、男性ホルモンのバランスが狂い、前立腺が発症しやすくなります。 

 

長生き健康情報 – KYOTO 健康村

 

 

 

 

 

 

 

片頭痛に要注意

 片頭痛は、よく起こるものと軽く考えている方が意外と多いのではないでしょか。

 

片頭痛は、脳梗塞脳卒中くも膜下出血など「重大な病気が起きる前ぶれ」の可能性もあるので注意が必要です・

 

片頭痛は、脳の血管がなんあがの原因で拡張することで起きると考えられでいます。

 

女性が全体の7割と多く発症しています。

 

女性 ホルモン「エストロゲシ」の量と関係しでおり、

 

生理中や排卵後、分娩後にばこのエストロゲンが減少ずるため片頭痛か起こりやすく、

 

妊娠中にエストロゲン増加するために片頭痛が軽くなるといわれいす。

また、エストロゲシの変動が激しい閉経前は片頭痛がひどくなり、エストロゲンの変動
が落ち着く閉経後にはおさまります。

 

片頭痛の方は、亜鉛や細胞内の一酸化窒素の調節をする働きをずるマグネシウム

 

体内時計を調節ずるホルモン「メラトン」、コエンザイムQ10

 

ビタミンB6などが不足していることが多くあります。

 

銅が過剰fの場合にはさらに悪化します。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com

 

 

サブリを止めたら健康に・・・

 昨今は健康ブームで、多くの健康食品やサプリメントが出回っています。

 

サプリメントを摂ったら必ず健康になれるとは言えません。

 

サプリメントを摂ることによって、逆にミネラルの摂取量がオーバーしてしまい、体調をくずしてしまうこともあります。

 

サブリのメーカーは、自社のサプリメントを完全なものにしたと、1粒に健康に良いミネラルが複数含有しています。

 

サプリメントを何種類も飲む方もあるのではないでしょうか。

 

同じようなミネラルを重複して飲むことになり、過剰摂取になってしまいます。

 

亜鉛と銅が多く含まれるサプリメントを摂り続けますと、銅が過剰摂取になっ てしまいます。

 

亜鉛と銅は、バランスが大切で、過剰になると、もう片方の吸収が阻害されてしまいます。

 

 銅が過剰になりますと、せっかくとった亜鉛も吸収されず、結果として症状が悪化してしまいます。

 

サプリメントは「飲めば健康になれる!」というものでは必ずしもないの です。

 

ミネラルをとるのにいちばんいい方法は、食物からミネラルを摂取することです。

 

食事からならいくらミネラルを摂取しても「とりすぎて身体に毒」ということには ならないからです。

 

90種類の豊富な栄養素が一度に摂れる

奇跡呼ぶモリンガ – KYOTO 健康村

がんや動脈硬化の予防や老化防止に有効なビタミンC 

ビタミンCは、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。

 

ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろくなり出血を起こします。

 

これが壊血病です。壊血病のそのほかの症状としては、いらいらする、顔色が悪い、貧血、筋肉減少、心臓障害、呼吸困難などがあります。

 

毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあるほか、皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ作用や、ストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。

最近はビタミンCの抗酸化作用が注目され、がんや動脈硬化の予防や老化防止にビタミンCが有効であることが期待されています。

 

ヒトはビタミンCを体内で作れないため、成人では1日の推奨量が100mg(2015年版食事摂取基準)と設定されています。

 

 

近年、野菜の摂取量が減少しており、不足しがちなビタミン類を野菜ジュースやサプリメントで補う人もいますが、野菜ジュースやサプリメントから摂取されるビタミンCは、通常の食事で野菜から摂取した場合よりも、早く排せつされます。

 

ビタミンCは熱に弱く、加熱調理により分解されますが、ジャガイモやサツマイモなどはビタミンCがでんぷんにより保護されているため、調理後にもほとんど分解されずに残ります。

 

記事 – KYOTO 健康村

 

 

 

 

体毒が溜まり過ぎている現代人

食をとりまく環境が悪化 している今、さまざまな有害物質が体内に入り込み、肝臓で解毒しきれなくなってきています。

 

その結果、脳をはじめ、心臓、肝臓、腎臓などの臓器や脂肺組織に蓄積しています。

 

長年にわたって蓄積した毒素は、これらの重要な臓器を細胞レベルで少しずつ傷つけ、「代謝機能」に悪影響を及ぼすようになります。

 

そして、10~20年後に突然、動脈硬化、高血圧、がん、アレルギー疾患、認知症など、さまざまな病気になって現れてきます。

 

有害物質とは、 次のような物質です。

 

<b>食品添加物</b>

加工食品が増えて、昔のようにとれたての自然食品を口にすることが少なくなりました。

加工食品には多くの「食品添加物」が使用されています。

 

食品添加物ヒは食品の調理段階で添加される化学物質で、食品メーカーは、食品の昧、香り、見た目をよくする・保存性を高めて日もちさせる・栄養を補助するなどの目的で使用されます。

 

とくに工場で大量生産される加工食品、コンビ二食、ファーストフードには、多くの食品添加物が使われています。

 

便利な食生活の代償として、私たちはからだに悪い化学物質を摂取しているのです。

 

食品添加物は現在、指定添加物として393品目(2008年6戸4日現在)が厚生労働省から認められており、食品のⅠつひとつの基準が決められています。

 

1日に複数の食品をとった場合を考えると、食品1つひとつの基準にはほとんど意味がありません。

 

コンビニの弁当やおにぎりの裏側にある成分表示を見ると、添加物の多さに驚かされます。

 

ファーストフードにしろ、加工食品にしろ、成分表示を見ていると食品というよりもまるで工業製品のように思えてきます。

 

食品添加品 の害については、あまりマスコミも取り上げようヒしません。食品添加物は自然界にある物質ではありません。


それはコンビニも食品メーカーもCMの大スポンサーになっているからです。

 

しかし、食品添加物には発がん性などの健康被害の心配があるほか、老化の原因にもなっています。


ほとんどが石油からつくった化学合成品なのです。

 

ヒトにとっては異物ですので、からだに摂取された途端からそれをからだに有害なものとして肝臓と腎臓がフル回転して解毒し排他しようと働き始めます。

 

ご存じのように活性酸素はがんを始めとして、あらゆる病気の原因であり、老化の原因でもあるのです。

その時に副産物として大量の活性酸素が生じるのです。

 
その他に蓄積している物質は、カドミウム・水銀・アルミニュウム・鉛・ヒ素ベリリウムなどの有害ミネラル、農薬、抗生物質トランス脂肪酸環境ホルモンなどを知らず知らずのうちに蓄積し続けています。

www.kyoto-kenkou-mura.com