癌克服・癌医療情報

がん医療情報

濃縮乳酸菌で、癌の転移や再発を抑える事ができるのか

 癌が再発したり、転移するのは、免疫細胞(NK細胞)が衰えてしまっているためだと考えられています。

 免疫力は20~30歳代でピークを迎え、40歳以降は下降線をたどります。高齢者にガンが多く、感染症による死因が増えてくるのも、こうした免疫力の低下と無関係とは言えません。

f:id:kyotomura4592:20170807214548j:plain

                                                                      50歳                                                 100歳


また、ストレス社会とも言われる現代では年齢にかかわらず免疫力が低くなっていることも考えられます。
「免疫」という体を守る大事なシステムは、数多くの免疫細胞のチームプレイによって機能しています。
そのシステムの中で特に重要な役割を担っているのがNK(ナチュラルキラー)細胞です。
  NK細胞はウイルス感染や細胞の悪性化等によって体内に異常な細胞が発生した際に、すぐさまそれらを攻撃する初期防衛機構として働きます。
 つまりNK細胞は最前線で活躍する非常に重要な免疫細胞なのです。
 NK細胞を高めるには、プロテサンの菌数を増やして、腸内環境を整える事か大切で、NK細胞をはじめとする免疫細胞は、60%~70%が腸に存在します。安定した免疫の働きには腸の健康が欠かせないのです。

免疫力を高めるのが、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌

この乳酸菌は、健康な乳児の腸から発見された乳酸球菌で、整腸作用だけでなく白血球の力を高めて、白血球の数を増やします。 一般に乳酸菌は「免疫力」を高めることが知られていますが、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌は、他の乳酸菌と比較しても「免疫力」を高める力が強いことがわかっています。

乳ガン細胞をマウスに移植した実験では、FK-23を投与した群において移植後18日目から通常飼料のみを与えていた群に比べ重篤な副作用なく腫瘍径、腫瘍重量が小さくなることが確かめられました。これはマウスの実験でありヒトでの作用などはわかりませんが、ガン細胞を認識し、攻撃する力をもつ免疫力を高めるように普段の生活から心がけることで、人類最大の敵・ガンを予防すると同時に、ガンの進行をも抑えることが期待されます。

さらに癌細胞への攻撃力を高めるために新しい細胞を作り出す高分子コラーゲを摂取することで、転移や再発を抑えてくれます。

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」

 

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

      https://www.kyoto-kenkou-mura.com/                

健康によいふっくらごはん

水道水には、おいしくたきあげるパワーがありません。

水溶性イオン化カルシュウムをお米2合あたり小さじ3分の1弱いれれば、カルシュウムが補え、ふっくらたきあがります。

f:id:kyotomura4592:20170803055614j:plain

保温してもたきあがりご飯をキープ 

f:id:kyotomura4592:20170803055935j:plain

現代の食生活で不足しがちな亜鉛を強化し、各種のミネラルがバランスよく含まれているイオン化ミネラル液です。
亜鉛は体内にて、免疫力を高め、味覚・嗅覚を正常に保ち、性機能不全を防ぎ、細胞の新陳代謝の促進などに使われます。
亜鉛は吸収率が低く、摂取量の20%しか吸収されず必要十分な亜鉛を摂ることが難しくなっています。
calmaxθは特許技術であるイオン化ミネラル製法により、亜鉛を始め各種ミネラルの摂取をサポートします。独特のにおいがありますが醗酵食品によるためです。

    https://www.kyoto-kenkou-mura.com/

 

からだによい水

 

コップ2杯の《いい水》を一日3回、食前30分から1時間前に飲みますと、 胃腸がきれいになって病気を遠ざけるといわれています。 では、《いい水》とはどんな水のことをいうのでしょうか。
結論をいいますと、「いい水とは有害物質を含まず、イオン化した必須ミネラルをバランス良く含んだ水のことです。」

イオンは物質として最も小さい単位で、1ミリの500万分の1~330万分の1です。これは細胞膜を通過するサイズです。細胞の中に直接入り込めるほどの小さいサイズであるということは、大変吸収が良いということです。
このようなイオン化されたミネラル(カルマックス)を水に加えますと、水の分子集団の構造も変化します。水は、水クラスター大集団という大きな水の分子集団で存在していますが、そこにカルマックスを入れますと、イオンの働きで水の分子集団が解体され、水分子小集団となります。つまり、大きな集団が小さな集団に生まれ変わり、細胞に入りやすい水となるのです。
9e、水は内部にまで入り込みませんが、カ ルマックスの希釈水ですと肌の内部に入り込み、しわがのびて色が白くなります。これは、水の分子とミネラルが肌の細胞に入り、その中に水をためておく保湿作用があるためです。

人間の身体は牛乳やミネラルウォーターに含まれる1万分の1ミリというサイズのカルシウムをそのままでは吸収することが出来ません。イオンのサイズまで分解してくれているのは、腸内細菌です。しかし、腸内細菌がどんなに頑張っても、すべてのカルシウムをイオンのサイズまで分解することが出 来ません。というより大部分はイオン化することなく、身体の外に排出されていきます。これが1割程度のカルシウムしか身体が取り込めない理由です。最初からイオン化しているカルシウムを摂っていれば、微生物の助けなしに即吸収ということも出来るのですが、自然界にイオン化したカルシウムはほ んど存在していません。

カルシウムを中心に身体のなかでのミネラルの分解・吸収の流れを追ってい きますと、イオンのサイズまで分解されたミネラルを含む水こそが《理想の 水》だということが分かってきます。 浄水した水道水にカルマックスを添加することで《いい水》を簡単に作るこ とが出来ます。特に、ブラックジンガーにはカルマックス水がオススメです。

f:id:kyotomura4592:20170801042307j:plain

家庭習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm

 

体に最もよい水が作れます。http://ckkm.main.jp/newpage7.htm

 

f:id:kyotomura4592:20170804084106j:plain

リンパ球が5倍に増加するバナナ

毎日の食事を工夫するだけで、リンパ球を数倍にし、攻撃力を劇的に高める

珪素を含む食品や水溶性珪素を摂取する

リンパ球を作り出し、強化する器官として重要な器官が胸腺といわれています。

この胸腺は20歳をピークにどんどん萎縮が始まり、40代には半分程度の大きさに、70歳代では10%程度になってしまうといわれています。

この胸腺を作っているのが珪素という成分です。この珪素を含む食品は海藻(わかめ、昆布、ひじきなど)や野菜(根菜類)などに多く含まれています。

しかし、食事から摂取するには、かなりの量を食べなければならないため、水溶性珪素という吸収の良い状態のものが販売されています。

胸腺の機能強化をすることで、リンパ球の数を増やすとともに、一つ一つのNK細胞やT細胞などのリンパ球を活性化させ、攻撃力の高い状態に保つことが可能になります。

珪素の効果は、免疫力増強だけにとどまらず、体内のミトコンドリアを活性化させることで、癌細胞の増殖がしずらいミトコンドリア系エネルギー回路を作り出し、癌細胞の増殖をストップさせることが出来ると言われています。

完熟バナナでリンパ球が5倍に増加!

バナナには、白血球の3要素 マクロファージ、顆粒球、リンパ球を増やす効果があることがわかっています。

黒い斑点があるような完熟したバナナのほうが、免疫力増強効果が高いとされています。

 

 

腸内環境を整え免疫機能を高めるプロテサン

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

         https://www.kyoto-kenkou-mura.com/

 

乳酸菌生産物質は、免疫力強化し抗がん剤副作用緩和してくれます

抗がん剤療法は患者の死期を早める

抗がん剤と聞くと多くの人が「副作用」をイメージすると思います。実際にそのとおりで、 患者さんのからだに大きな負担を強います。

そもそも抗がん剤は、放射線療法と同様に正常な細胞にもダメージを与え、その新陳代 謝などの生体活動もすべておさえこんでしまいます。がん細胞の活動をおさえるために、 すべての細胞を犠牲にしているというわけです。  

抗がん剤治療を受けると、吐き気、倦怠感、貧血、脱毛、肝機能障害などの副作用に苦 しむケースがほとんどです。また、白血球が減少し、強い免疫抑制状態におちいります。

日本では年間約100万人を超える人が癌で亡くなっています。その7~8割の方は「がん」で死んでいるのではなく、これら三大治療の副作用の影響で免疫が急激に低下し、感染症などに感染して、亡くなっていると考えられています。  がんという強敵に勝つためには、まずはからだの免疫力を高めて病気との戦闘準備態勢を万全にしておくことが何よりも重要なのです。 抗がん剤が効くと思って投与している医師はきわめて少ないはずです。 とても興味深いデータがあります。  

2005年のある医療雑誌に、がんの末期医療に関する特集が掲載されました。そのな かで、医師200名に対するアンケート調査が行われています。「あなたがもしがんになっ たら抗がん剤治療を受けますか?」という質問に対して、なんと82%が「受けない」 と回答しています。患者さんにはすすめるけれど自分だったら受けない。もはや多くを 語るまでもありません。

 

乳酸菌生産物質は、免疫力強化し抗がん剤副作用緩和

『乳酸菌生産物質』が増えると、善玉菌により【腸内革命】で、栄養の消化吸収、ビタミンの合成、ホルモンの生成、有害物質の分解などが行われ、免疫力が強化されます。 当然、自然治癒力も向上し、白血球も回復し、抗がん剤の副作用の対抗する力がそなわって、抗がん剤副作用の緩和が促進します。

手術、投薬に耐えるために、食べて動いて体重維持

癌と戦うためには栄養状態と十分な筋肉がとても大切であることが明らかになっています。筋肉が減ると、合併症になったり、抗がん剤の副作用が強いことが、明らかになっています。

その事を裏付けするように、肥満の方の術後の回復も良好で生存率が高いそうです。

術後の回復エネルギーを生み出すために筋肉が分解されて体重が減りやすので、筋肉が十分であれば、手術に耐え、速やかに回復する余力が出てきます。

筋肉は休めるとすぐに衰える半面、鍛えれば維持がてきますから、散歩や栄養の補給が大切になります。

 

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」

 

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗がん剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

  https://www.kyoto-kenkou-mura.com/

 

 

ニギビを解消してくれる乳酸菌

10代のニキビは、ほとんどが過剰な皮脂が原因です。過剰な皮脂の分泌で毛穴が詰まったり、汚れたりすることでアクネ菌が繁殖し、ニキビに発展しやすくなります。洗顔して清潔にすることを心がけることが大切です。

大人のニキビは、ストレス・ホルモンのバランス・長時間のお化粧・オフィスの乾燥など様々な原因があります。10代のニキビと同じように皮脂対策ばかりしていては、大人のニキビはなかなか治らないのです。

便秘になると消化された食物が腸内に長く滞留し、腐敗し有毒物質を発生します。有毒物質が腸内から吸収されると、ニキビが悪化してしまうのです。

目や口のまわりにできる小ジワは、年齢に関係なく20歳代の人にもよく見かけられるものです。これは皮脂分泌が低下し、皮膚水分が10%以下になると肌が肌荒れを起こします。ひどい場合には白い粉をふいたようになります。このような肌荒れの状態が続くと若い人でも小ジワが出来ます。小ジワは表皮のトラブルです。

大ジワは真皮のトラブルで、年齢とともに真皮網状層の繊維弾力性が低下し、ひずみとなって肌表面に溝を作り、シワへと発展していきます。

昔から、「25歳はお肌の曲がり角」などといわれていますが、これは、腸内細菌のバランスと関係しています。

腸内でつくられる毒素物質が体内に吸収されると、これは、最終的に肌から外に排出されようとします。このときは、吹出物や湿疹がひどくなり、肌荒れも目立つようになります。特に女性がお酒を飲んだ後、肌が荒れるのはこのためです。

乳酸菌には、肌のバランスを保ったり、いろいろな炎症を修復してくれるビタミンB群を合成する働きがあります。便通を整えたり、新陳代謝も良くし、血液循環も整えます。

善玉菌を優勢にしておけば、 肌も一段と輝き化粧のノリもスムースに仕上がります。美肌は腸でつくられているのです。

乳酸菌は、善玉菌を増やし、便秘の改善など美容にも効果があることがわかっています。

「また乳酸菌FK-23抽出物は過剰な炎症を抑え、免疫バランスを調整する力を持つ事が動物実験などで調べられています。ボランティアの方による臨床試験(平均38.3歳の健康な男女28名による二重盲検試験)を行ったところ、乳酸菌FK-23抽出物投与群で色差の測定値と露光部(非被服部)角質水分量が プラセボ(偽薬)投与群に比べ良くなっているのが確かめられました。

アンケート調査の結果も「肌が白くなった」(FK-23抽出物投与群の56%)、「しっとり感がでてきた」(FK-23抽出物投与群の75%)と測定値の結果を支持する結果が得られました。

f:id:kyotomura4592:20170706164458j:plain

http://ckkm.main.jp/kyotomura30.htm

癌克服するのに、必要な筋肉維持

手術、投薬に耐えるために、食べて動いて体重維持

癌と戦うためには栄養状態と十分な筋肉がとても大切であることが明らかになっています。筋肉が減ると、合併症になったり、抗がん剤の副作用が強いことが、明らかになっています。

その事を裏付けするように、肥満の方の術後の回復も良好で生存率が高いそうです。

術後の回復エネルギーを生み出すために筋肉が分解されて体重が減りやすので、筋肉が十分であれば、手術に耐え、速やかに回復する余力が出てきます。

筋肉は休めるとすぐに衰える半面、鍛えれば維持がてきますから、散歩や栄養の補給が大切になります。

食事が摂れなくなく方に、高分子コラーゲンゼリーをお薦めします

 

     https://www.kyoto-kenkou-mura.com/