癌克服・癌医療情報

がん医療情報

濃縮乳酸菌だけで、癌の転移や再発を抑える事ができるのか

 癌が再発したり、転移するのは、免疫細胞(NK細胞)が衰えてしまっているためだと考えられています。

 免疫力は20~30歳代でピークを迎え、40歳以降は下降線をたどります。高齢者にガンが多く、感染症による死因が増えてくるのも、こうした免疫力の低下と無関係とは言えません。

f:id:kyotomura4592:20170807214548j:plain

                                                                      50歳                                                 100歳


また、ストレス社会とも言われる現代では年齢にかかわらず免疫力が低くなっていることも考えられます。
「免疫」という体を守る大事なシステムは、数多くの免疫細胞のチームプレイによって機能しています。
そのシステムの中で特に重要な役割を担っているのがNK(ナチュラルキラー)細胞です。
  NK細胞はウイルス感染や細胞の悪性化等によって体内に異常な細胞が発生した際に、すぐさまそれらを攻撃する初期防衛機構として働きます。
 つまりNK細胞は最前線で活躍する非常に重要な免疫細胞なのです。
 NK細胞を高めるには、プロテサンの菌数を増やして、腸内環境を整える事か大切で、NK細胞をはじめとする免疫細胞は、60%~70%が腸に存在します。安定した免疫の働きには腸の健康が欠かせないのです。

免疫力を高めるのが、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌

この乳酸菌は、健康な乳児の腸から発見された乳酸球菌で、整腸作用だけでなく白血球の力を高めて、白血球の数を増やします。 一般に乳酸菌は「免疫力」を高めることが知られていますが、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌は、他の乳酸菌と比較しても「免疫力」を高める力が強いことがわかっています。

乳ガン細胞をマウスに移植した実験では、FK-23を投与した群において移植後18日目から通常飼料のみを与えていた群に比べ重篤な副作用なく腫瘍径、腫瘍重量が小さくなることが確かめられました。これはマウスの実験でありヒトでの作用などはわかりませんが、ガン細胞を認識し、攻撃する力をもつ免疫力を高めるように普段の生活から心がけることで、人類最大の敵・ガンを予防すると同時に、ガンの進行をも抑えることが期待されます。

さらに癌細胞への攻撃力を高めるために新しい細胞を作り出す高分子コラーゲを摂取することで、転移や再発を抑えてくれます。

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」

 

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗がん剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

 

マウスを使った癌実験

f:id:kyotomura4592:20170807212643j:plain

高分子コラーゲンは「マクロファージ」や「リンパ球」の働きを活性化させ、免疫機能を高めます。マクロファージはウイルスや細菌を丸ごと食べて処理してくれる免疫細胞で、コラーゲンを与えたマクロファージは、通常の100倍ものスピードでウイルスや細菌などを退治したという実験結果もあり、癌の再発や転移を抑えてくれます。

マウスを使った癌の研究で、通常のマウスに癌細胞を移植しますと・・・わずか2週間で全滅しました。
癌を植え付ける前に、コラーゲンを与えたマウスは、83%が生存し、再び癌細胞を植え付けても発症しないことが分りました。癌の発症や再発、転移を予防に期待できます。http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

健康によいふっくらごはんの炊き上がり

水道水には、おいしくたきあげるパワーがありません。

水溶性イオン化カルシュウムをお米2合あたり小さじ3分の1弱いれれば、カルシュウムが補え、ふっくらたきあがります。

f:id:kyotomura4592:20170803055614j:plain

保温してもたきあがりご飯をキープ 

家庭習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm

f:id:kyotomura4592:20170803055935j:plain

現代の食生活で不足しがちな亜鉛を強化し、各種のミネラルがバランスよく含まれているイオン化ミネラル液です。
亜鉛は体内にて、免疫力を高め、味覚・嗅覚を正常に保ち、性機能不全を防ぎ、細胞の新陳代謝の促進などに使われます。
亜鉛は吸収率が低く、摂取量の20%しか吸収されず必要十分な亜鉛を摂ることが難しくなっています。
calmaxθは特許技術であるイオン化ミネラル製法により、亜鉛を始め各種ミネラルの摂取をサポートします。独特のにおいがありますが醗酵食品によるためです。

体に最もよい水が作れます。http://ckkm.main.jp/newpage7.htm

f:id:kyotomura4592:20170804083943j:plain

 

 

からだによい水

 

コップ2杯の《いい水》を一日3回、食前30分から1時間前に飲みますと、 胃腸がきれいになって病気を遠ざけるといわれています。 では、《いい水》とはどんな水のことをいうのでしょうか。
結論をいいますと、「いい水とは有害物質を含まず、イオン化した必須ミネラルをバランス良く含んだ水のことです。」

イオンは物質として最も小さい単位で、1ミリの500万分の1~330万分の1です。これは細胞膜を通過するサイズです。細胞の中に直接入り込めるほどの小さいサイズであるということは、大変吸収が良いということです。
このようなイオン化されたミネラル(カルマックス)を水に加えますと、水の分子集団の構造も変化します。水は、水クラスター大集団という大きな水の分子集団で存在していますが、そこにカルマックスを入れますと、イオンの働きで水の分子集団が解体され、水分子小集団となります。つまり、大きな集団が小さな集団に生まれ変わり、細胞に入りやすい水となるのです。
9e、水は内部にまで入り込みませんが、カ ルマックスの希釈水ですと肌の内部に入り込み、しわがのびて色が白くなります。これは、水の分子とミネラルが肌の細胞に入り、その中に水をためておく保湿作用があるためです。

人間の身体は牛乳やミネラルウォーターに含まれる1万分の1ミリというサイズのカルシウムをそのままでは吸収することが出来ません。イオンのサイズまで分解してくれているのは、腸内細菌です。しかし、腸内細菌がどんなに頑張っても、すべてのカルシウムをイオンのサイズまで分解することが出 来ません。というより大部分はイオン化することなく、身体の外に排出されていきます。これが1割程度のカルシウムしか身体が取り込めない理由です。最初からイオン化しているカルシウムを摂っていれば、微生物の助けなしに即吸収ということも出来るのですが、自然界にイオン化したカルシウムはほ んど存在していません。

カルシウムを中心に身体のなかでのミネラルの分解・吸収の流れを追ってい きますと、イオンのサイズまで分解されたミネラルを含む水こそが《理想の 水》だということが分かってきます。 浄水した水道水にカルマックスを添加することで《いい水》を簡単に作るこ とが出来ます。特に、ブラックジンガーにはカルマックス水がオススメです。

f:id:kyotomura4592:20170801042307j:plain

家庭習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm

 

体に最もよい水が作れます。http://ckkm.main.jp/newpage7.htm

 

f:id:kyotomura4592:20170804084106j:plain

リンパ球が5倍に増加するバナナ

毎日の食事を工夫するだけで、リンパ球を数倍にし、攻撃力を劇的に高める

珪素を含む食品や水溶性珪素を摂取する

リンパ球を作り出し、強化する器官として重要な器官が胸腺といわれています。

この胸腺は20歳をピークにどんどん萎縮が始まり、40代には半分程度の大きさに、70歳代では10%程度になってしまうといわれています。

この胸腺を作っているのが珪素という成分です。この珪素を含む食品は海藻(わかめ、昆布、ひじきなど)や野菜(根菜類)などに多く含まれています。

しかし、食事から摂取するには、かなりの量を食べなければならないため、水溶性珪素という吸収の良い状態のものが販売されています。

胸腺の機能強化をすることで、リンパ球の数を増やすとともに、一つ一つのNK細胞やT細胞などのリンパ球を活性化させ、攻撃力の高い状態に保つことが可能になります。

珪素の効果は、免疫力増強だけにとどまらず、体内のミトコンドリアを活性化させることで、癌細胞の増殖がしずらいミトコンドリア系エネルギー回路を作り出し、癌細胞の増殖をストップさせることが出来ると言われています。

完熟バナナでリンパ球が5倍に増加!

バナナには、白血球の3要素 マクロファージ、顆粒球、リンパ球を増やす効果があることがわかっています。

黒い斑点があるような完熟したバナナのほうが、免疫力増強効果が高いとされています。

 

高分子コラーゲンゼリーで末期癌を克服

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

コラーゲンの研究者である榎本先生は、悪性の下行員咽頭癌に犯され、声もでなくなり、コラーゲンコヒーゼリーを弁当箱一杯、毎日作って食べて、4カ月で癌を克服、声も出るようになり、癌に高分子コラーゲンが、効果がある事を証明されています。

f:id:kyotomura4592:20170713134133j:plain

癌は、この世から無くなるのか

f:id:kyotomura4592:20170720050056j:plain

 

 

人間は、肉体と意識(心)と無意識(仏)という、少なくとも3つの要素で構成されていて、この3つの要素が、互いに密接に関係し、運命通りに癌が発症します。

癌は不思議な病気です。
いくら早期発見や早期治療をしても死亡率に改善が認められなく、不思議な特徴がいくつもあります。
過去50年間で、死亡率がほとんど変わっていないことです。胃がん、肺がんなど個々のがんによる死亡率はこの間に大きく減ったり増えたりしていますが、すべてのがんを合わせた死亡率がほとんど変わっていないのです。
もうひとつは、世界中どの国でも、がん死亡率が同じくらいになっていることです。
先進国だけで比べてみると、もっとも多い英国が人口10万人当たり222人で、もっとも少ない日本で179人です。その差は19%ほど。これは、がん以外の病気では見られない特徴です。 


「癌」という漢字を思い出してみてください。病気を表す[やまいだれ」。その中に、「口(クチ)」を3つと「山」をタテに並べた文字が入っていますが、これは、「岩」や「固まり」を意味する昔の字体です。ガンは、文字通り「固まりができる病気」です。
しかも「悪性腫瘍」と呼ばれるように、体の中で、とんでもない悪さをする「固まり」です。
その「固まり」は、自己中心の「個我」のことで、「我」の積み重ね凝縮したものが「癌」になると言われています。

癌になる原因は、生活習慣やストレスと言われていますが、それだけでなく、血液を汚す心があって、運命通りに現われてきます。
「心」や「個性」は、先祖から引き継いだもので、他にも、肉体や体質、因縁など多くのものを引き継いでいます。
癌は、ご先祖さまとの関わり、霊的な意味があって、苦しみとなって現れています。

癌は、肉体、神仏、心が絡み合い、徳が減り、運命通り仏意として現れてる病気で、癌の根源は、薬や医療が届かない運命の中にあります。
薬やメスが届かないから、再発したり、転移しするなど、繰り返し起きて行きます。
癌の根源を断つ為には、因縁の消滅や心の浄化が必要となります。

癌医療やクスリの研究は、これからも進歩するでしょうが、癌の発症が、肉体と意識と仏意が密接に絡みあって発症しますから、その事を理解しない限り、癌を克服することが出来ないと思います。

癌を克服するには、見えない聞こえない世界が在る事を知り、そこには、薬や医療を超える神力があり、霊界と現生を清めて行くことによって、よい治療が受けられたり、命が延びたり、癌が消えたりして、本当の健康の歓びを得ることができます。
それによって、多くの方が命を頂かれています。 私も癌と言われて、検査の段階で消え、今も元気にしています。

癌になる方は、個性の強い方、仕事がよくでき方、何事にもよく頑張る方など、いわゆる「いい人」タイプが多いのです。

「いい人」タイプの人は、仏様から見られますと、職場や家庭の中で、法を犯し、業を積み、徳を、多く減らし、心が血液を汚しているのです

病は、自分を見返る為の先祖様からのメッセージ
ご先祖様と私たちとの関わりを一木の松の木に例えますと、根の部分は、ご先祖様の居られる霊界になり、葉や幹の部分は、私たちの暮らしている現生になり、現生と霊界は、相通じています。
現生と霊界の世界は、次元を異にしますが、さながら大樹のように繋がっています。
現生と霊界は繋がっていますから、例えば、霊界のご先祖が苦しんでいると、この世の子孫も何らかの悪影響を受ける事があります。
逆に、この世の子孫が先祖を篤く供養し、功徳を積むならぽ、霊界の先祖は、苦しみから脱する事ができます。
切っても切り離せな関係になっていますから、ご先祖様の生前の事を知り、正しい供養が必要なのです。

高分子コラーゲンゼリーで末期癌を克服

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

コラーゲンの研究者である榎本先生は、悪性の下行員咽頭癌に犯され、声もでなくなり、コラーゲンコヒーゼリーを弁当箱一杯、毎日作って食べて、4カ月で癌を克服、声も出るようになり、癌に高分子コラーゲンが、効果がある事を証明されています。

プロテサンのフエカリス死菌体乳酸菌が、死の四十層から救ってくれます


プロテサンは、フェカリス菌が主成分の乳酸菌サプリメント、フェカリス菌自体はいろんなサプリメントに含まれている乳酸菌なのですが、プロテサンに含まれるフェカリス菌の最大の特徴は、死菌であるということです。

死菌とは、あらかじめ加熱することで、死んでしまった乳酸菌のこと。
一般には、乳酸菌は生きたまま腸に届いた方が良いとされており、市販されている乳酸菌にも、生きたまま腸に届くので効果がでる乳酸菌です!と謳われているものが多いのですが、フェカリス菌は死んだ状態で体に入れることで、生きているフェカリス菌に比べて、3倍もの活性力を誇るちょっと変わった乳酸菌なのです。

また、生きているフェカリス菌は基本的に腸管でしか活動できないのに比べて、死んでいるフェカリス菌は、腸管での活動に加え、免疫細胞の餌となり、身体の免疫力を高めてくれるという効果もあります。

プ゜ロテサンSタイプは、4兆個分の乳酸菌が1包(1.5g)に凝縮してあり、常温で手軽に持ち運びできます。 飲み易いソフト顆粒状ですので、日々の健康のために、いつでもどこでも手軽に多量の乳酸菌が摂取できます。

生活習慣が気になるなど積極的に健康維持に取り組まれる方や、内側からの美しさを目指しカラダの環境作りに 取り組まれる女性など、健康が支える充実した日々をお望みのあらゆる方々に幅広くご愛用いただけます。 オリゴ糖も配合し、食物アレルゲンフリーの原材料のみを使用したヘルシーな食品です。

 

高分子コラーゲンゼリーで末期癌を克服

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

コラーゲンの研究者である榎本先生は、悪性の下行員咽頭癌に犯され、声もでなくなり、コラーゲンコヒーゼリーを弁当箱一杯、毎日作って食べて、4カ月で癌を克服、声も出るようになり、癌に高分子コラーゲンが、効果がある事を証明されています。

f:id:kyotomura4592:20170713134133j:plain

ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これでガンは消えて行きます。

 

乳酸菌生産物質は、免疫力強化し抗がん剤副作用緩和してくれます

抗がん剤療法は患者の死期を早める

抗がん剤と聞くと多くの人が「副作用」をイメージすると思います。実際にそのとおりで、 患者さんのからだに大きな負担を強います。

そもそも抗がん剤は、放射線療法と同様に正常な細胞にもダメージを与え、その新陳代 謝などの生体活動もすべておさえこんでしまいます。がん細胞の活動をおさえるために、 すべての細胞を犠牲にしているというわけです。  

抗がん剤治療を受けると、吐き気、倦怠感、貧血、脱毛、肝機能障害などの副作用に苦 しむケースがほとんどです。また、白血球が減少し、強い免疫抑制状態におちいります。

日本では年間約100万人を超える人が癌で亡くなっています。その7~8割の方は「がん」で死んでいるのではなく、これら三大治療の副作用の影響で免疫が急激に低下し、感染症などに感染して、亡くなっていると考えられています。  がんという強敵に勝つためには、まずはからだの免疫力を高めて病気との戦闘準備態勢を万全にしておくことが何よりも重要なのです。 抗がん剤が効くと思って投与している医師はきわめて少ないはずです。 とても興味深いデータがあります。  

2005年のある医療雑誌に、がんの末期医療に関する特集が掲載されました。そのな かで、医師200名に対するアンケート調査が行われています。「あなたがもしがんになっ たら抗がん剤治療を受けますか?」という質問に対して、なんと82%が「受けない」 と回答しています。患者さんにはすすめるけれど自分だったら受けない。もはや多くを 語るまでもありません。

 

乳酸菌生産物質は、免疫力強化し抗がん剤副作用緩和

『乳酸菌生産物質』が増えると、善玉菌により【腸内革命】で、栄養の消化吸収、ビタミンの合成、ホルモンの生成、有害物質の分解などが行われ、免疫力が強化されます。 当然、自然治癒力も向上し、白血球も回復し、抗がん剤の副作用の対抗する力がそなわって、抗がん剤副作用の緩和が促進します。

手術、投薬に耐えるために、食べて動いて体重維持

癌と戦うためには栄養状態と十分な筋肉がとても大切であることが明らかになっています。筋肉が減ると、合併症になったり、抗がん剤の副作用が強いことが、明らかになっています。

その事を裏付けするように、肥満の方の術後の回復も良好で生存率が高いそうです。

術後の回復エネルギーを生み出すために筋肉が分解されて体重が減りやすので、筋肉が十分であれば、手術に耐え、速やかに回復する余力が出てきます。

筋肉は休めるとすぐに衰える半面、鍛えれば維持がてきますから、散歩や栄養の補給が大切になります。

 

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」

 

f:id:kyotomura4592:20170912072114j:plain

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗がん剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

 

高分子コラーゲンゼリーで末期癌を克服

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

コラーゲンの研究者である榎本先生は、悪性の下行員咽頭癌に犯され、声もでなくなり、コラーゲンコヒーゼリーを弁当箱一杯、毎日作って食べて、4カ月で癌を克服、声も出るようになり、癌に高分子コラーゲンが、効果がある事を証明されています。