読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌に勝・癌医療情報

がん医療情報

乳がんなる原因

乳がんになるのが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンで、このホルモンは、乳管の発達や女性生殖器の発達を促すホルモンであり、血経リズムによって量が変化します

。近年このホルモンが過剰に分泌されたり、長い間エストロゲンにさらされることで乳がんの発症リスクが上昇することがわかってきました。特に乳がん組織での、つまり局所でのエストロゲンレベル(エストロゲン血中濃度)が発症に重要であるとされます。このエストロゲンが関与するものとして、下記の3つが挙げられます。

1.肥満

食生活の欧米化に伴う高脂肪・高タンパク質の食生活はホルモンバランスを崩す原因になります。脂肪細胞はエストロゲン産生に関係するため、肥満の方ではエストロゲンレベルが高くなります。国立がん研究センターによる研究でも、肥満女性はそうでない女性に比べ乳がんを発症する確率が高いということがわかりました。

2出産経験の有無

出産経験がある女性とそうでない女性とでは、後者の方が乳がんを発症する確率が高くなります。出産経験が無いと妊娠中に多量に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)が相対的に減少し、エストロゲンにさらされる期間が長くなることが理由の一つといわれています。また、初産年齢が低いほど乳がんのリスクは低く、初産年齢が高い女性(30歳以上)では乳がんのリスクが高くなることもいわれています。

3.授乳経験の有無

授乳経験のない女性は授乳経験のある女性と比較して乳がんのリスクは増加します。また、授乳期間が長くなるほど乳がんのリスクが低下します。授乳を頑張って続けることは、赤ちゃんのためだけではなく、お母さんにとっての乳がんになりにくい体作りともいえるかもしれません

 

癌細胞が近赤外線で消滅

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。 「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所の小林久隆・主任研究員が開発した。 がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。 がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用がある。 転移・再発防止などにも課題があった。 これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる。 やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうです。

 

正常な細胞は毎日、約3O0O~5O00個も作られています。癌細胞を死滅さる方法は 、

一番簡単に実践できる方法は、身体を温める事」です。

体温をⅠ度上げるだけで、免疫力は5~6倍に高まります。

悪性細胞は、39.6度でえ始め、42度で死滅します。癌細胞をしめつさせても、よい細胞死んでも、良い細胞が死んでは意味ありません。正常細胞は、44度までは絶えることができ、活性化され、悪性細胞は、死滅します。

f:id:kyotomura4592:20170306204534j:plain

家庭でできる遠赤外線温熱治療  

ぽかぽか熟睡

子どもの頃、痛くなったお腹をお母さんにさすってもらうと、痛みが和らいだという記憶はありませんか?それは、お母さんの手から発している遠赤外線が吸収され、自ら発している遠赤外線と共鳴し、エネルギーが熱に変わり身体を内部から温め、痛みが緩和されたからです。

遠赤外線の中でも、最もいいのが「生育光線」です。

遠赤外線の中でも4~14の波長のものは「生育光線」と呼ばれ、 生体の代謝、成長、育成に不可欠なエネルギーが集中している重要な波長です。 私たち人間の波長は、健康な人で6~14だといわれています。 したがって、同じ波長である生育光線は、人間と最も共鳴現象を起こしやすい波長なのです。生育光線がもつエネルギーは皮膚から吸収され熱に変わり、その熱が血液に伝わり血管の拡張や、血液の循環を良好にし、結果的には新陳代謝の促進が期待できるといわれています。

体の芯からぽかぽか温まるドーム型遠赤外線ボディヒーターは、面状発熱体による輻射熱を利用したヒーターで、効率よく遠赤外線を輻射し、体の表面から伝播した熱が血流によって全身をめぐる事で、身体の芯まで暖める事ができます。また、遠赤外線輻射熱による熱しやすく冷めにくい特徴から、ぽかぽかとした心地良い温もりが持続します。

f:id:kyotomura4592:20170306205757j:plain

http://ckkm.main.jp/kyotomura91.htm

ぽかぽかになって熟睡

http://ckkm.main.jp/kyotomura92.htm

 

花粉症改善は、正常な免疫システムカら

f:id:kyotomura4592:20170303181548j:plain

花粉症は、免疫異常が原因で発症する病気で、根本が安治すには免疫システムを正常に戻すことが重要です。しかし一度狂ってしまったものを元に戻すことは非常に困難です。「乳酸菌FK-23」は、免疫システムを刺激し、攻撃力と寛容力のバランスを保つ作用があり、アレルギー体質を改善できる高い可能性をもっています。又、「乳酸菌FK-23」菌体の中身(LFK)にはアレルギーに効果があることも確認されており、抗アレルギー剤としての特許も取得しています。
今春は、「乳酸菌FK-23」で正常な免疫システムを作り、正常な体作りをしましょう。

f:id:kyotomura4592:20170303181753j:plain

 

http://ckkm.main.jp/kyotomura40.htm

こんにゃくは、腸内環境を整え、コレステロール値を下げる効果が

グルコマンナンは、こんにゃくに含まれる水溶性の食物繊維で、グルコースとマンノースがおよそ2:3の割合で結合したものです。

グルコマンナンの健康効果◎ダイエット効果◎便秘を解消する効果◎コレステロール値を下げる効果◎糖尿病を予防する効果

グルコマンナンは水に触れると大きく膨張するため、摂取することによって胃の中で膨らみ、満腹感を与えるほか便通を改善する効果があるとして、ダイエット食品の原料などに利用されています。 また、近年ではグルコマンナンコレステロールや血糖値を下げる効果があることが明らかにされており、生活習慣病の予防効果が期待されています。

グルコマンナンの歴史 コンニャクは古くから「腹中の砂おろし」などといわれており、様々な健康効果が言い伝えられていました。 1895年、辻暢太郎によってコンニャクについての研究論文が発表され、コンニャクの主成分がマンナンであることが明らかとなりました。その後、この成分がグルコースとマンノースが結びついた多糖類であることが分かり、1922年に「グルコマンナン」と名づけられました。

 

グルコマンナンを摂取する際の注意点 グルコマンナンは消化器の中で水を吸って膨張する性質があるため、大量に摂取すると下痢を引き起こすことがあります。 また、グルコマンナンは空腹時や食後の血糖値を低下させる効果があります。血糖値を調整する医薬品やサプリメントを飲んでいる場合にはその働きを増強させる可能性があるため、注意が必要です。

 

グルコマンナンの働き グルコマンナンは水に触れると粘り気のあるゲルをつく   り、大きく膨張するという性質があります。そのため、グルコマンナンを摂取すると、食品に含まれる水分を吸って胃の中で何十倍にも膨張するという働きがあります。

また、グルコマンナンは胆汁酸を運び去ることでコレステロール濃度を下げる働きも併せ持っています。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

糖尿病に有効なのは「リコピン」

トマトジュースに含まれる成分で糖尿病に有効なのは「リコピン」です。現在では「トマトといったらリコピン」と言われるくらいイメージが定着しましたが、リコピンという成分を知らない方のためにまずはリコピンについて解説しておきますそもそもリコピンとはトマトの赤色のもとになる成分で、カロテノイド色素のひとつです。

リコピンには「強い抗酸化作用」が備わっており、カラダの老化や、がん化の元凶となる「活性酸素」を除去する力を持っています。カロテノイド色素は総じて抗酸化作用を持っていますが、中でもリコピンは非常に高い抗酸化作用を持っており、その効果はビタミンEの100倍もあります。

リコピンはその高い抗酸化力から、若返りの栄養素、がん予防の栄養素としてこれまで注目されてきました。しかし近年の研究で糖尿病にも効果がある事が分かってきました

リコピンには血糖値自体を下げてくれる作用があり、糖尿病の血糖値コントロールに役立つ成分であることが分かってきました。

糖尿病の人にとって血糖値のコントロールが必要不可欠です。糖尿病の人はインスリンの働きが悪いので、血糖が急上昇した場合になかなか下がってくれません。血糖値がずっと高いと「カラダがだるい」といった症状がでます。

したがってこれまでは血糖値を急激に上げないように、野菜から食べたり、薬を飲む事でこれを防止していました。しかしこれは血糖値の上昇を緩やかにする方法であって、血糖値を下げる方法ではありません。

その点、リコピンには血糖値自体を下げてくれる作用があるので、糖尿病の血糖値コントロールに有効です。

リコピンを摂取するなら「トマトジュースじゃなくても生のトマトでも良いのでは?」と疑問を持つ方もいるでしょう。もちろん生のトマトでもリコピンは摂れます。しかしリコピンをたくさん摂りたいならば、生のトマトよりもトマトジュースのが良いです。 リコピンはトマトの細胞に含まれていますが、この細胞が固いため生のトマトで摂った場合、吸収率が悪くなります。その点、トマトジュースは細胞を破壊し液体にしてしまうので多くのリコピンが摂れます。

また、トマトジュースで使われているトマトは完熟したものを使って作られています。一方スーパーなどで売られているトマトはトマトジュースで使われるものより完熟はしていません。リコピンは完熟し、より赤みが深いものの方が多く含まれるためトマトジュースの方がより多くのリコピンが含まれています。ちなみに通常のトマトと比べるとトマトジュース用のトマトは通常より3倍のリコピンが含まれています。

以上の点から、糖尿病でリコピンをたくさん摂りたい人にとっては、トマトジュースの方が良いと言えます。

どれくらいのトマトジュースを飲めば良いのか? 基本的には1日200ml(コップ1杯)程度を摂取すると良いでしょう。2007年に発表された名古屋文理大学の研究によると、糖尿病患者に毎日200mlのトマトジュースを飲ませたところ1年後に血糖値の改善が認められています

http://ckkm.main.jp/newpage98.htm

血圧や血糖値の上昇を抑制してくれるケイ素

ケイ素はカラダの必須ミネラルで様々なカラダの部位に含まれており、健康・美容のミネラルとして欧米では100年以上も前からケイ素水や化粧品の美容成分として利用されています。 ケイ素はカラダの中でも皮膚の含有量が一番多く、肌の保湿・コラーゲンの生成などに働きがあります。また、血管壁や血液をきれいにするといった健康面での働きもあります。 また、ケイ素はブドウ糖が 私たちの体の中の60兆個の細胞にきちんと入ってエネルギーに変えてくれる細胞の基本的な働きである糖の代謝機能を助けてくれます。ケイ素が、各細胞に必要な栄養を届けるカギを持っています。 現代人はケイ素を始め多くのミネラルが不足しており、美容や健康維持には欠かせない成分となってきています

血管を丈夫に

ケイ素濃縮液は優れた浸透力と浄化作用で中性脂肪を分解する力が強く血管の壁に着いたコレステロールや過酸化脂質を取り除いてくれるので血管を強くしてくれます。 過酸化脂質はコレステロール中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって酸化されたもので肌の老化からアルツハイマー病やガンまで、影響はきわめて大きいといわれています。

代謝作用

血糖値が高い人に共通してみられるのがミネラル不足といわれています。 ミネラルは野菜に含まれる栄養成分で マンガン・クロム・リン・カリウム亜鉛などが、インスリンの糖代謝作用を助けます。 こういったミネラル成分がケイ素濃縮液には豊富に含まれています。 さらに、ケイ素には細胞を活性化する力があり、毛細血管を通じて体の隅々まで栄養を届けてくれますので、細胞の基本的な働きである糖の代謝機能を助けてくれます。 これによっても血圧や血糖値の上昇を抑制してくれる働きがあります。

骨に欠かせない栄養素

骨を強くするためにはカルシウムが必要とされていますが、実はカルシウムを効率良く補給させるためには、ケイ素の働きが重要なのです。 「フラミンガム研究」の結果、ケイ素摂取量と骨密度に関連性が認められています。 ケイ素は皮膚や骨、毛髪、爪など身体の様々な部位に存在しており、それらの成長促進や再生を手助けする役割を担っています。

老化の抑止

ケイ素には、コラーゲンやヒアルロン酸などの肌の弾力に欠かせない組織を束ねて丈夫にして、保水力をアップする働きがあります。 コラーゲンのあるところには必ず存在するといっても過言ではありません。 老化によるシワやたるみはケイ素不足による影響が多々関連していることがわかってきています。 ケイ素は年齢とともに減りますが継続的に摂取することで肌のハリがよみがえり、たるみやしわが改善され、また保湿力が非常に高く、柔軟性・弾力性を高めてくれます。

http://ckkm.main.jp/newpage98.htm

.

からだの土台になるコラーゲン

その土台が崩れていたら、病は克服できない

栄養は、カラダ中の血管を通して、60兆個の細胞に運ばれますが、直接細胞に届くのでなく、コラーゲンを通して運ばれます。 つまり、コラーゲンは栄養の「通り道」になり、コラーゲンが古くなると、細胞に栄養がスムーズ届かなくなり、老廃物が滞るために、老化が早くなり、がんなどの病気の原因にもなります。 コラーゲンをしっかり摂取しますと、身体の流れがよくなり、カラダのいろんな所が目覚めてきます。
コラーゲンは、20歳をピークにして減少し始め、40歳頃から急激に減り、60歳では約半分になり、老化して硬くなります。


コラーゲンが老化することは、細胞も老化し、免疫力も低下します。

 

新しいコラーゲンを積極的に摂れば、古いコラーゲンと入れ替わり、代謝がよくなることで、若さがもどり、免疫力も高まり、細胞が活性化し、元気になります。
癌を治す為には、食生活・腸内・血液・細胞を見直し、新しいコラーゲンを摂って、古いコラーゲンと入れ替えれば、細胞に栄養や酸素が届くようになり、細胞が若返って治癒力が高まります。

http://ckkm.main.jp/newpage100.htm

 

f:id:kyotomura4592:20170226180403j:plain

 

 

f:id:kyotomura4592:20170226180428j:plain