糖尿病と癌の関わり

日本人の2人に1人ががんになり、6人に1人(2012年の推計約2050万人)が糖尿病かその予備軍と推計される。がんと糖尿病はそれぞれ「国民病」と呼ばれる身近な病気だ。一見、まったく関係がなさそうなこの2つの病気には、意外にも密接な関係があることが分かってきた。

糖尿病になると、ブドウ糖を筋肉や脂肪に取り込むインスリンの働きが悪くなるため、すい臓がたくさんインスリンを出そうとします。糖尿病の人がなぜがんになりやすいのか、真のメカニズムはまだ明らかになっていませんが、インスリンは細胞を成長させ増殖させるホルモンなので、それが増え過ぎると細胞のがん化につながるのではないかと考えられています。

糖尿病には1型と2型の2タイプあるが、がんと関連があるのはすべて2型の話。約95%は2型糖尿病で、体質、肥満、高脂肪食、運動不足、不規則な生活などによって、インスリンが不足したり、働きが悪くなったりして血糖値が上がる病気だ。加齢、男性、肥満、運動不足、不適切な食事(赤肉、加工肉の摂取過剰、野菜・果物・食物繊維の摂取不足)、過剰飲酒、喫煙は、2型糖尿病とがんに共通の危険因子であり、そうした生活習慣があることも糖尿病の人にがんが多い要因の一つとみらます。

  

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/

 

アメリカの前立腺がんの治療

アメリカの前立腺がんの治療法

このようにアメリカではPSAが使われ出した1980年後半から特に若年者の早期の前立腺癌が目立って増えてきている。
このようにして見つかった早期のがんは根治する可能性が高いが、また治療が必要でない症例も治療されてしまう危険性も否めない.また治療に伴う副作用でのQOLの低下も否定できない。
 
前立腺癌は病期が長く進行も比較的ゆっくりとしている。しかしながらその進行度は予測がつきにくく、また一度進行してしまうと完治は難しくなるという特徴がある。さらにホルモン療法が非常に効果的なので保存的治療も早期の癌でありながら適応にされる事が多い。
このようにその治療に関してもいまだにコンセンサスが得られず、アメリカでは前立腺全摘術、各種放射線療法、ホルモン療法、クライオサージェリー、さらに保存的経過観察等が医者によりまた患者により選択されている。
近年米国ではDaVinciという手術用ロボットがおかれている医療施設が1000カ所近くとなっており、近年は手術療法はこれを用いたロボット手術が過半数を占めるようになり手術療法の人気が復活している.またごく早期のがんが多く見つかっている事と治療によるQOLの低下が問題になっている事から保存的経過観察を選択する例も増えている。
 
 

 FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/

 

 

 

明日葉の抗がん力

 明日葉の抗がん効果明日葉に含まれる「カルコン」や「固カロチン」には抗がん作用があるとされています。 また、明日葉によって腸内環境を整えたり、胃の中を正常に保っておくことによって、細胞 ががん化するのを防ぐことにもつながります。

明日葉に含まれる「クマリン」には、抗菌作用のほか、アルツファイマーを防止する働きがあるとされています。明日葉に含まれるカルコンは、癌、脳梗塞心筋梗塞、高血圧症に効果があることはすでに科学的に証明されていますが、まだまだ解明されてない効能もあると言われ、研究が進んでいます。

便秘防止から抗がん作用まで、明日葉は私 たちの体にとって様々な恩恵を与えてくれるようです。ここにあげた効果効能は一部分でしかなく、奥が深い植物のようです。 明日葉が体の巡りをよくし、体の状態を良好に保ってくれるのがわかります。

     

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/ 

乳がん抑制するゴーヤ

コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル(Rajesh Agarwal)教授らが、こうした民間療法と数年前の研究で、ゴーヤーの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認されたことを踏まえ、その後も研究を重ねていたところ、ゴーヤーには膵がん細胞に対して、そのエネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制し、結果として膵がん細胞を死に至らしめる働きのあることを発見しました。
マウスを用いての実験結果では、ゴーヤーの抽出液を摂取したマウスは摂取していないマウスと比較して、がん細胞の代謝機構に大きな関与があったとみられ、抽出液によるプロティンキナーゼの働きを促進するという効果により、結果的に60%も膵がん細胞の増殖が抑制されていたことが判明しました。

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/

 

癌を抑えるグリーンアスパラ

グリーンアスパラは、免疫機能を回復して発癌を抑える

グリーンアスパラガスには食物繊維、カロテン、ビタミンCが豊富です。新陳代謝をうながして細胞を活性化させるアスパラギンを含むのが特徴で、ほどよい苦味には血圧を下げるルチンも含まれています。
アスパラガスに含まれるアスパラニンAとプロトジオシンは非常に強力ながん細胞の成長抑制作用があると2009年に報告されています。また、がん予防、抗酸化作用、ピロリ菌除菌作用が確認されているスルフォラファンがアスパラガスに含まれていることが2010年に報告されています。
なお、グリーンアスパラガスに含まれるβ力ロテンは免疫機能の回復により発がんを抑えるといわれています。また、生活習慣病の予防、老化予防などに働きます。
アスパラガスは穂先に含まれるアスバラギン酸が特徴的ですが、アスパラギン酸は疲労回復、皮膚の新陳代謝を高める作用があります。アンモニアを尿とともに排泄させたり、イライラや不眠症を予防したりします。
抗酸化作用の強いルチンも含み、毛細血管をよい状態に保って高血圧を予防します。ビタミンCとルチンをいっしょにとると抗酸化作用は高まります。
アスパラガスにはグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがあり、抗酸化成分は、グリーンアスパラガスに多く含まれています。

 

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/

 

癌の恋人「糖分」

どんな細胞でも、成長や生命維持にはエネルギーが必要です。正常細胞は糖(ブドウ糖)や脂肪をそのエネルギー源として使います。ところが、ガン細胞は糖(ブドウ糖)しかエネルギー源にすることができません。そして、異常なスピードでどんどん成長していくガン細胞は、正常細胞よりもたくさんのエネルギーを必要とします。

 これが“ガン細胞が正常細胞に比べて16~18倍のブドウ糖を取り込む”理由であり、PET検査で利用されている性質です。

 だからこそ“糖”は「ガンの恋人」と言われるのです。つまり、ガン細胞は“糖”がなくては生きていけないのです。もはや、恋人どころではなく、ガンにとって“糖”は欠かすことのできないパートナーなのです

つまり、ガンのエネルギー源である糖(ブドウ糖)を断てば、ガンの成長は止まり、ガン細胞は死滅してしまいます。

ガンのエネルギー源である“糖”を断ち、“必須脂肪酸”や“必須アミノ酸”をしっかり摂取して免疫力を高めれば、ガンが良くなる可能性は十分にありますし、場合によっては消えてしまうことさえあるのです。

       https://www.kyoto-kenkou-mura.com/

   

 

 

花粉症対策

 

花粉症になったということは、免疫バランスが崩れている証拠でもありますので、症状の軽減または治すためにも濃縮乳酸菌を摂取することはとても有効的な方法なのです。

自然治癒力とは、身体の機能バランスを正常に保ち、花粉などの病原菌の侵入から身体を守る自己防衛力と、傷ついたり古くなった細胞を修復する自己再生力のことです。自然治癒力を高めることは、自己防衛力と自己再生力を高めることで、アミノ酸をバランスよく摂取することが大切になります。
アミノ酸の働きは、免疫細胞を作ったり、活性化させたりする働きがあります。自然治癒力とは、免疫力そのもののことなのです。免疫細胞のバランスが取れていて、免疫力が高い状態であることで、自然治癒力が発揮されます。

 

医師の治療をさまたげない理想の「FK-23菌」 癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しかない実績です。

がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが、現在脚光を浴びています。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていること

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果があっても不思でもありません。たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/chisa-feh-luna-hay-fever-supplement/